『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る

昨年8月に、開発元のZeniMax Online Studiosが月額$14.99のアップデート受信料を課すことを発表した『The Elder Scrolls Online』ですが、BethesdaのPR担当Pete Hines氏がその理由を語っています。

ニュース 最新ニュース
『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る
  • 『The Elder Scrolls Online』 $14.99の月額基本料。Bethesdaの代表者がその胸中を語る

昨年8月に、開発元のZeniMax Online Studiosが$14.99の月額基本料を課すことを発表した『The Elder Scrolls Online』ですが、BethesdaのPR担当Pete Hines氏がその理由を語っています。
    "ゲームが受ける支援と、ユーザーがその見返りとして得るものにこそ強みを感じています。我々は確たる自信をもってコンテンツ支援を行っていく所存です。それは、月初だから新たな剣や面白い帽子を配布するといった程度のコンテンツのことではなく、定期的で着実なDLCリリースのような、より現実的で有意なコンテンツ提供を目的としています"

さらに同氏は、各プレイヤーが常に互いの繋がりを保つためには、全員に同じコンテンツを提供する必要があると付け加えています。そうすることで新コンテンツが追加された際、全プレイヤーが常に共通の話題で盛り上がれるというシチュエーションを見越しているとのことです。加えて、これによって潜在的なプレイヤー人口に制限をかけてしまうことにも言及し、それはBethesdaにとってさしたる問題ではないという認識も示しています。
    "我々はゲーマー全てが無条件に買うようなゲーム制作を目指しているわけではないのです。目指すはいわば、特質なゲームです。シューター要素もなく、エイリアンも出ない。我々が提供を考えている月額基本料に値する体験というのは、プレイヤーが行きたいところへ行き、やりたいことをやる、そんな巨大なものなのです"

最後に、もし基本無料プレイ形態を採用していたら上記の方針が受けたであろう影響について語り、Bethesdaが追加コンテンツの制作にどれだけの戦力を投入できるかは本作のベースセールス如何になっていたかもしれないと、同社の決断を振り返りました。
    "それって小規模のゲームがやることだと思うんです。我々はそういう無難なゲームを作ろうとしているのではないのです。最良で最もクールな体験と考えるものを作りたいのです。そしてそれは、4・5週あるいは6週間ごとの定期的な追加物に向けて大勢の人員と制作者を投入することを意味しているのです"



『The Elder Scrolls Online』は、PC向けが4月4日に、Xbox OneとPS4向けが6月にリリースされる予定です。国内ではPC版のみの販売となります。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  2. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  3. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. ボールぶつけ対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』国内PS4/スイッチ向けに発売決定!DL版は7月、特典付きパッケージ版は9月に

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top