今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開

ウォーゲーミングジャパンは、全世界で会員数7,800万人を誇る(2014年4月時点)無料オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』の新作『World of Tanks: The Crayfish』をリリースしました。

ニュース 最新ニュース
今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開
  • 今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開

ウォーゲーミングジャパンは、無料オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』の新作『World of Tanks: The Crayfish』をリリースしたと発表しました。。

十中八九エイプリルフール企画だと思われる『World of Tanks: The Crayfish』は、名前の通りザリガニを相手に戦うブラウザゲームとなっています。ゲームはこちらよりプレイ可能です。
    本日公開された『World of Tanks: The Crayfish』は一人用の対CPU戦となり、4つの戦闘エリアと10のレベルにより構成されております。プレイヤーは迫り来る、大、中、小の“敵”を倒すことが目的です。『World of Tanks: The Crayfish』の今後のアップデート計画としては、二人用の共闘モードを追加予定としております。これによりゲームはさらに面白さを提供いたします。これは『World of Tanks』にある小隊と似たものになり、友達と遊ぶ事が可能となり、共に戦術を考えていくことが可能となります。

    『World of Tanks: The Crayfish』を開発したWargaming Seattle のGeneral Manager and Creative Director”Chris Taylor”は以下のように話します。

    「これが今取り組んでる一大プロジェクトです。皆様がこのゲームに触れてもらえるのが待ち遠しいです。」
    ※Wargaming Seattleは本来、別のゲームタイトルを開発するスタジオとなります。

    また『Worgamin.net』のWargaming CEO ”Victor Kislyi”は以下のようなコメントを発表しました。

    「最近私は、3000人以上の社員をもつ国際的企業がどうして新規タイトルの発表がこんなに遅いのか、そしてChris Taylorと彼のシアトルのチームは何をしているのか?と質問を受けました。これが両方の質問への答えです。」
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ、2つの新たなモデルを追加へ―WSJ報道

    ニンテンドースイッチ、2つの新たなモデルを追加へ―WSJ報道

  2. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

    『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  3. 『バトルフィールドV』「ファイアストーム」実装時の全武器が判明―モード概要や今後の展開も告知

    『バトルフィールドV』「ファイアストーム」実装時の全武器が判明―モード概要や今後の展開も告知

  4. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  5. PS4『サムライスピリッツ』発売時期が2019年初夏に決定!戦闘メインの最新トレイラーも

  6. 海外サイトが選ぶ『最も開発費が高いゲーム』TOP20

  7. 異能ACT『CONTROL』発売日が8月27日に確定―Remedyが流出内容を認める

  8. 『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ"踊り子"、プレイヤー種族"ロスガル"など新要素が続々―新レイドも

  9. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  10. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top