今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開

ウォーゲーミングジャパンは、全世界で会員数7,800万人を誇る(2014年4月時点)無料オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』の新作『World of Tanks: The Crayfish』をリリースしました。

ニュース 最新ニュース
今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開
  • 今度の相手はザリガニだ!ブラウザゲーム『World of Tanks: The Crayfish』が公開

ウォーゲーミングジャパンは、無料オンライン戦車ゲーム『World of Tanks』の新作『World of Tanks: The Crayfish』をリリースしたと発表しました。。

十中八九エイプリルフール企画だと思われる『World of Tanks: The Crayfish』は、名前の通りザリガニを相手に戦うブラウザゲームとなっています。ゲームはこちらよりプレイ可能です。
    本日公開された『World of Tanks: The Crayfish』は一人用の対CPU戦となり、4つの戦闘エリアと10のレベルにより構成されております。プレイヤーは迫り来る、大、中、小の“敵”を倒すことが目的です。『World of Tanks: The Crayfish』の今後のアップデート計画としては、二人用の共闘モードを追加予定としております。これによりゲームはさらに面白さを提供いたします。これは『World of Tanks』にある小隊と似たものになり、友達と遊ぶ事が可能となり、共に戦術を考えていくことが可能となります。

    『World of Tanks: The Crayfish』を開発したWargaming Seattle のGeneral Manager and Creative Director”Chris Taylor”は以下のように話します。

    「これが今取り組んでる一大プロジェクトです。皆様がこのゲームに触れてもらえるのが待ち遠しいです。」
    ※Wargaming Seattleは本来、別のゲームタイトルを開発するスタジオとなります。

    また『Worgamin.net』のWargaming CEO ”Victor Kislyi”は以下のようなコメントを発表しました。

    「最近私は、3000人以上の社員をもつ国際的企業がどうして新規タイトルの発表がこんなに遅いのか、そしてChris Taylorと彼のシアトルのチームは何をしているのか?と質問を受けました。これが両方の質問への答えです。」
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

    『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  2. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

    Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  3. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

    ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  4. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  9. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  10. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top