ID@Xboxに馳せる期待。インディーゲーム開発者が語るMicrosoftの今と昔 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ID@Xboxに馳せる期待。インディーゲーム開発者が語るMicrosoftの今と昔

ニュース 最新ニュース

Hyper Light Drifter
  • Hyper Light Drifter
  • Guacamelee
  • Super Meat Boy
  • 1001 Spikes
  • Divekick
  • Phil Harrison氏

Hyper Light Drifter

Microsoftの新プログラム、ID@Xboxの登場で開拓への兆しが見られる同社のインディーゲーム開発。これまで中小デベロッパーに対していかに後ろ向きな姿勢であったかを、『Hyper Light Drifter』のクリエイター、Alex Preston氏がEdgeのインタビューで語りました。

同氏はMicrosoftのデベロッパーへの対応について、「以前のMicrosoftはホントにクソったれだった」と鋭い言葉で自らの体験を振り返りました。「今はずいぶんフレンドリーになった。それもこれもID@Xboxプログラムの責任者、Chris Charlaたちのおかげさ。たいした人だよ。俺たちみたいな中小デベロッパーのよき理解者なんだ」

「Sonyには当初からお世話になったし、今後うちの作品のXbox版をSonyのプラットフォームに先立って押し出していくことはないと思う」 Preston氏によると、既に自社製品をSonyからローンチすることを優先しているとのことで、インディーゲーム業界でのSonyのリードは明らかなようです。

また同氏は、Microsoftのローンチパリティ(全プラットフォームで発売日が同じであること)という契約条項にも触れています。その中で、「パリティどうこうが問題なんだ。Microsoft自身にとって良いポリシーとは思えないし、とてもじゃないが中小デベロッパーのメリットにはならない」と語り、知名度の低い小規模デベロッパーにとって同社からのリリースが極めて不利である現状を強調しました。

先日、Gaijin EntertainmentのCEO、Anton Yudintsev氏が語ったMicrosoftへの想いをお伝えしましたが、同社の現状にこうした不満を募らせるインディーゲームの開発者は決して少なくはありません。


Guacamelee

Drinkbox Studioの『Guacamelee』は既にPlayStationプラットフォームからのデビューを果たしています。同社共同設立者であるRyan MacLean氏は、Xbox OneとWii U向けスペシャルエディションのリリースイベントにて、同業者たちの想いを総括しました。「デベロッパーの視点から見て、理想的なのはリリースするプラットフォームを自分たちで選べる自由なんだ。各プラットフォーム所有者の好みは何となく分かるからね」


Super Meat Boy

また、『Super Meat Boy』の開発者、Edmund McMillen氏とTommy Refenes氏はドキュメンタリー映画『Indie Game: The Movie』の中で、Microsoftとの苦労に馳せた忌憚ない想いをぶつけています。


1001 Spikes

一方で、ローンチパリティには肯定的な意見もあります。マルチプラットフォームで同時にリリースした『1001 Spikes』の開発元、NicalisのTyrone Rodriguez氏は「我々にとってはむしろ好都合だ」と、そのメリットを語りました。同氏によると、全機種同時にローンチすることでプロモーションとマーケティングが容易になり、後発プラットフォームユーザーによる興味の喪失も防げるとのことです。


Divekick

同様の意見は他にもあり、『Divekick』を手掛けるIron GalaxyのCEO、Dave Lang氏は、70人の社員を抱える同スタジオだからこそ、利益を最大にするためにもローンチパリティが必要であると語りました。しかし、4人体制のような小規模スタジオにとっては同時リリースが負荷となり、逆にデメリットになるであろうことを付け加えています。


Phil Harrison氏

このように、Microsoftのローンチパリティに関して賛否両論あるようですが、インディーゲームデベロッパーとの関係構築において、競合他社との間に大きな開きがあることは否めません。同社のPhil Harrison氏は、ID@Xboxプログラムをより洗練されたものにするため日夜努力を続けるChris Charla氏とそのチームを高く評価しているとのことで、同社の今後益々の変化が待たれるところです。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 52 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

    噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  2. 噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

    噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

  3. 映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

    映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

  4. 宮本茂のWii U作品『Project Giant Robot』開発中止―海外報道

  5. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  6. EVGAとも提携!『PC Building Simulator』最新トレイラー

  7. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

  8. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  9. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  10. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

アクセスランキングをもっと見る

page top