『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る

F2P戦闘機アクション『War Thunder』を手掛けるGaijin EntertainmentのCEO、Anton Yudintsev氏が、MicrosoftがXbox One/PCのクロスプラットフォームを容認しない現状について語ったことを、複数の海外メディアが伝えています。

ニュース 最新ニュース
『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る
  • 『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る
  • 『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る
  • 『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る
  • 『War Thunder』をXbox Oneで出せない理由。Gaijin CEOがクロスプラットフォームの将来を語る

F2P戦闘機アクション『War Thunder』を手掛けるGaijin EntertainmentのCEO、Anton Yudintsev氏が、先週サンフランシスコで開かれたGDC 2014にてGameSpotのインタビューに答え、MicrosoftがXbox One/PCのクロスプラットフォームを容認しない現状について語ったことを、複数の海外メディアが伝えています。

もともとPC用に開発された本作、現在ヨーロッパのみではありますがPS4とのクロスプラットフォームに展開しています。しかし、今回のインタビューの中で同氏は「Microsoftは今後もクロスプレイを絶対に容認しない。つまり、『War Thunder』はXbox Oneでは出せない」と、同社との協力を絶望視しました。続けて、本作のようなタイトルはコンソール向けのベースインストールに限界がある為、クロスプラットフォームに対応することがきわめて重要なプロセスであることを踏まえて、同社が何故MicrosoftではなくSony側に歩み寄ったかの理由を語っています。

「Sonyの方がインディーゲームの開発とF2Pタイトル全般に対して断然オープンなのです」 Yudintsev氏によると、MicrosoftでのF2Pゲーム開発には承認に関する事前ルールが特にない為に、アカウントマネージャー個人の嗜好如何で決定が下されるとのことで、同社の姿勢が比較的消極的であることを説明しました。その上で、Microsoftのインディーゲームの開発ポリシーはID@Xboxプログラムの到来と共に変わりつつあるものの、同分野でSonyに追いつくまでには長い道のりであると付け加えました。「私たちの作品がいつの日かXbox Oneでも出せることを切に願っています」と締めくくった同氏は、Xbox OneとPS4のどちらが優れているかという議論よりも、ゲームのクオリティと作品が提供する内容が重要であることを強調しました。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  5. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』全世界で実売200万本突破!発売から10日足らずで達成

  9. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  10. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top