2013年にeスポーツ関連ゲームを観戦したユーザー数は7,100万人、昨年比で2倍以上の巨大成長に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2013年にeスポーツ関連ゲームを観戦したユーザー数は7,100万人、昨年比で2倍以上の巨大成長に

デジタルゲーミングにおけるマーケティング調査企業SuperDataが2013年度における統計データを公表し、昨年比で2倍成長となる7,100万人がeスポーツを視聴したと報告しました。

ニュース 最新ニュース
『League of Legends』に始まり『Dota 2』などMOBAタイトルが大きな賑わいを見せているeスポーツですが、デジタルゲーミングにおけるマーケティング調査企業SuperDataが2013年度における統計データを公表し、昨年比で2倍成長となる7,100万人がeスポーツを視聴したと報告しました。

SuperDataの報告によれば、2013年にeスポーツを視聴したユーザー数7,100万人の内、その半数は米国からアクセスしたユーザー。平均的なeスポーツ視聴ユーザーは月に19回、平均して1セッション毎に2.2時間のあいだ視聴しているとのこと。Riot GamesやWargaming、ValveやUbisoftが主要なeスポーツタイトルを展開する中、Intelやコカコーラ社などは18歳から34歳の若者と接触するために対戦型ゲーミングを使用することを見据えているともSuperDataは語っています。

なおNwezoo調べによれば、米国では3,140万人、国民の5人に1人がeスポーツを視聴するか参加している計算となっており、その内の60パーセントが21歳から35歳、続いて36歳から50歳代となり、10代の男女は最も低い割合となっているようです。男女比は男性が7割、女性が3割とされています。


2013年度における賞金総額は2,500万ドル。『Dota 2』のInternational 2013大会の287万4,381ドルを筆頭に、『League of Legends』のシーズン3ワールドチャンピオンシップの205万ドル、『Call of Duty: Black Ops II』の2013年チャンピオンシップにおける100万ドルに続く

また対戦型ゲーミングの歴史を紐解いたSuperDataは、1980年代前半のTV局で行われたアーケード対戦番組から、1990年代前半の『Wolfenstein 3D』といったLAN接続によるPCゲーミング、CPLやESLといったリーグ、さらには韓国における初代『StarCraft』人気により成長したPCゲーミングを振り返りました。

2000年代に入ってからは韓国のeスポーツや北米のプロeスポーツリーグなどが成長したものの、2011年からはTwitch.TVが主要なeスポーツの場になったと伝えており、2013年度におけるTwitchのユニーク視聴者数は4,500万人、トータルのゲームプレイ視聴時間は24億時間にもなると続けています。


現在のMOBAシーンにおける代表作の1つ『Dota 2』。先日にはドキュメンタリー映画『Free to Play』が公開され、大規模な世界大会における熱狂とプロゲーマー達の苦悩を伝えた

『StarCraft II』、『Dota 2』、『League of Legends』が最も人気のあるeSportsタイトルである一方で、『ストリートファイター4』や『スマッシュブラザーズ』といった格闘ゲームも現在確かな人気を誇っており、昨年の世界的格闘ゲーム大会EVOではTwitchの視聴者数が過去の2倍以上のユニークユーザー数を叩き出していたことをSuperDataは触れています。

また特にロシアやポーランドといった市場では『League of Legends』や『World of Tnaks』といったF2Pタイトルの成長が好調。SuperDataは2013年に5,200万人のアクティブユーザー数を叩きだした『LoL』が、2014年には7,600万人、2015年には9,400万人規模に成長すると予測。また2013年に4億7,500万ドルの収益を挙げた『WoT』は、2014年に5億600万ドル、201年には5億9,000万ドルへ成長するだろうとしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

    海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

  2. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

    『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  3. VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

    VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS 2018】

  5. カメラが介す淡い初恋…韓国SmileGate 、PSVR用恋愛アドベンチャー『FOCUS on YOU』を発表【TGS 2018】

  6. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  7. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  8. FTLインスパイアのローグライク宇宙船シム『Shortest Trip to Earth』10月10日早期アクセス配信決定!

  9. 夏の島が舞台のADV『Summer in Mara』発表!―農業やクラフト要素のある少女の冒険譚

  10. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

アクセスランキングをもっと見る

page top