「Unreal Engine 4.1」アップデート予定内容が公開―対応OSにSteamOSやLinuxが追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Unreal Engine 4.1」アップデート予定内容が公開―対応OSにSteamOSやLinuxが追加

Epic Gamesは、ゲームエンジン「Unreal Engine 4.1」にSteamOSやLinuxへの対応を始めとした、アップデート予定内容を公開しました。

ニュース 最新ニュース


Epic Gamesは、ゲームエンジン「Unreal Engine 4.1」にSteamOSやLinuxへの対応を始めとした、アップデート予定内容を公開しました。

このアップデートで追加される新要素として、前途のSteamOSやLinuxを初めとした対応OSの拡張の他に、浮遊物体や転がる球体などの新たなプロジェクトテンプレート、アセット削除アシスタント、履歴ウインドウ、デバックヒストグラムの可視化、そして翻訳エディターなどが実装されます。このアップデートは今月末実施が予定されています。

また、発表された内容によると、このアップデート時にサブスクリプション適応済みユーザーは、2012年に公開された「Unreal Engine 4 Elemental Demo」が、マーケットプレイスから無料でダウンロード可能になるとのことです。

現在「Unreal Engine 4」を使用したタイトルはまだリリースされていませんが、2014年4月28日に発売が予定されているZombie Studios開発のPC/PS4向けホラーゲーム『Daylight』や、Tequila Works開発のPS4向けタイトル『RIME』、Lionhead Studios開発のXbox One向け『Fable Legends』など、様々なタイトルで採用されています。


「Unreal Engine 4 Elemental Demo」


GDC 2014で公開された「UE4」フィーチャートレイラー
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  6. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  7. 『Fallout 76』国内発売日が11月15日に決定―北米版との表現内容の差異は「無し」【UPDATE】

  8. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  9. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  10. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top