「Unreal Engine 4.1」アップデート予定内容が公開―対応OSにSteamOSやLinuxが追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Unreal Engine 4.1」アップデート予定内容が公開―対応OSにSteamOSやLinuxが追加

Epic Gamesは、ゲームエンジン「Unreal Engine 4.1」にSteamOSやLinuxへの対応を始めとした、アップデート予定内容を公開しました。

ニュース 最新ニュース


Epic Gamesは、ゲームエンジン「Unreal Engine 4.1」にSteamOSやLinuxへの対応を始めとした、アップデート予定内容を公開しました。

このアップデートで追加される新要素として、前途のSteamOSやLinuxを初めとした対応OSの拡張の他に、浮遊物体や転がる球体などの新たなプロジェクトテンプレート、アセット削除アシスタント、履歴ウインドウ、デバックヒストグラムの可視化、そして翻訳エディターなどが実装されます。このアップデートは今月末実施が予定されています。

また、発表された内容によると、このアップデート時にサブスクリプション適応済みユーザーは、2012年に公開された「Unreal Engine 4 Elemental Demo」が、マーケットプレイスから無料でダウンロード可能になるとのことです。

現在「Unreal Engine 4」を使用したタイトルはまだリリースされていませんが、2014年4月28日に発売が予定されているZombie Studios開発のPC/PS4向けホラーゲーム『Daylight』や、Tequila Works開発のPS4向けタイトル『RIME』、Lionhead Studios開発のXbox One向け『Fable Legends』など、様々なタイトルで採用されています。


「Unreal Engine 4 Elemental Demo」


GDC 2014で公開された「UE4」フィーチャートレイラー
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

    『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

  2. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  3. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  4. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  5. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  6. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  7. 魔法を駆使するバトルロイヤル『Spellbreak』PS4版が2020年春にCBT予定

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top