有害物質により中断されていたクソゲー『E.T.』の発掘作業が再始動、「Atariの墓」伝説を再び検証へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

有害物質により中断されていたクソゲー『E.T.』の発掘作業が再始動、「Atariの墓」伝説を再び検証へ

有害物質により中断されていた都市伝説「Atariの墓」の真実を探るドキュメンタリーエピソードのプロジェクトが再開されたことが明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース
アタリショックを引き起こしたとまで言われるAtari 2600の伝説的クソゲー『E.T.』は、大量生産されたにもかかわらずほとんど売れなかったことから14台ものトレイラートラックで運搬され、ニューメキシコ州アラモゴルド市内の埋立地に埋葬された――この都市伝説「Atariの墓」の真実を探るドキュメンタリーエピソードのプロジェクトが再開されたことが明らかとなりました。

これは先月末にもニューメキシコ州における環境局が該当地域の有害物質レベルを理由にプロジェクトを中断するよう命令が下されたもので、いくつかの条件と共に環境局から承認が降りたとのこと。ドキュメンタリーエピソードの製作はXbox Entertainment Studios、Fuel Entertainment、LightBox Entertainmentの3スタジオが担当する予定となっていますが、Microsoftの代表者は「我々が話してい通りに計画のまとめ段階に入っている」と伝えています。



500万本ものクソゲー『E.T.』のカートリッジは本当に埋葬されたのか?という今回のドキュメンタリーエピソードは、昨年6月にも映像プロダクションFuel Industriesが進行しているプロジェクトとして明らかとなったもので、同年12月にはXbox TVでの配信も決定。「Atariの墓」や「Atariの『E.T.』埋立地」とも呼ばれるアラモゴルド市内の埋立地を掘り返した時、一体何が現れるのか?実際の作業は今年6月から半年間をかけて行われることが明らかにされています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

    『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

  3. PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

    PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

  4. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

  5. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  6. 「ツインスティック」クラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植が後押し

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  8. 中国Steamユーザーが3,000万人突破か―海外アナリストが報告

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top