Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング

オンラインゲームにおいて、もはや主流と言っても過言ではないほど広まったFree-to-Play(F2P)ビジネスモデル。海外のマーケティング会社SuperDate ResarchがF2Pモデルにおけるユーザー一人あたりの平均収入に関するレポートを公開しました。

ニュース ゲーム業界
Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング
  • Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング

オンラインゲームにおいて、もはや主流と言っても過言ではないほど広まったFree-to-Play(F2P)ビジネスモデル。海外のマーケティング会社SuperDate ResarchがF2Pモデルにおけるユーザー一人あたりの平均収入(ARPU=Average revenue per user)に関するレポートを公開しました。

注意点として、公開されたデータは「一人あたりの平均収入額」であるということ。プレイヤーの多さやタイトルの収入に関連するデータではありますが、その実数を示すものではありません。レポートの詳細はこちらを御覧ください。

トップとなったのはWargaming.netの『World of Tanks』でARPUは4.51ドル。2位はValveが贈るFPS『Team Fortress 2』の4.36ドルで、3位はArenaNetの対戦型MMORPG『Guild Wars 2』で3.88ドルとなっています。

興味深いのは現在のMMOタイトルで主流となっているMOBAとFPSにおける明確な差です。『Dota 2』や『Heroes of Newerth』、『League of Legends』はそれぞれ8~10位でARPUは1.54~1.32ドルとなっています。もう一つ気になったのはMOBAに近い『Guild Wars 2』を除くと純然たるMMORPGがランク入りしていないこと。『The Lord of the Rings Online』や『RIFT』、『Star Wars: The Old Republic』など人気タイトルは多数ありますがARPUは高くないようです。

オンラインゲームにおけるF2Pモデルについて非常に興味深い今回のデータ。情報としては限定的なものになっていますが、F2Pモデルがこれから進むであろう未来を予測してみると面白いかもしれません。
《水京》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『大乱闘スマッシュブラザーズ』1月21日でシリーズ生誕20周年!桜井氏より感謝のコメントも

    『大乱闘スマッシュブラザーズ』1月21日でシリーズ生誕20周年!桜井氏より感謝のコメントも

  2. 『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

    『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

  3. 高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

    高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

  4. PS4日本語版『OVERKILL’s The Walking Dead』の発売日が無期延期―発売元と協議も…

  5. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  6. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  9. 『フォートナイト』への訴訟で話題のダンスエモート2種が『Forza Horizon 4』からも削除

  10. 新作オープンワールドサバイバル『DYSMANTLE』発表!―トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

page top