Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング

ニュース ゲーム業界

Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング
  • Free-to-Playモデルを採用するオンラインゲームにおける「一人あたりの平均収入額」ランキング

オンラインゲームにおいて、もはや主流と言っても過言ではないほど広まったFree-to-Play(F2P)ビジネスモデル。海外のマーケティング会社SuperDate ResarchがF2Pモデルにおけるユーザー一人あたりの平均収入(ARPU=Average revenue per user)に関するレポートを公開しました。

注意点として、公開されたデータは「一人あたりの平均収入額」であるということ。プレイヤーの多さやタイトルの収入に関連するデータではありますが、その実数を示すものではありません。レポートの詳細はこちらを御覧ください。

トップとなったのはWargaming.netの『World of Tanks』でARPUは4.51ドル。2位はValveが贈るFPS『Team Fortress 2』の4.36ドルで、3位はArenaNetの対戦型MMORPG『Guild Wars 2』で3.88ドルとなっています。

興味深いのは現在のMMOタイトルで主流となっているMOBAとFPSにおける明確な差です。『Dota 2』や『Heroes of Newerth』、『League of Legends』はそれぞれ8~10位でARPUは1.54~1.32ドルとなっています。もう一つ気になったのはMOBAに近い『Guild Wars 2』を除くと純然たるMMORPGがランク入りしていないこと。『The Lord of the Rings Online』や『RIFT』、『Star Wars: The Old Republic』など人気タイトルは多数ありますがARPUは高くないようです。

オンラインゲームにおけるF2Pモデルについて非常に興味深い今回のデータ。情報としては限定的なものになっていますが、F2Pモデルがこれから進むであろう未来を予測してみると面白いかもしれません。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

    新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  3. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  4. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  5. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  6. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  7. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  8. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  9. HTC Vive公式ストア「Viveport」がOculus Riftのサポート発表―垣根を越える

  10. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

アクセスランキングをもっと見る

page top