視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場

プログラミング要素を取り入れた異色の一人称視点アクションパズル『Glitchspace』。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが手がけ、2月にSteam Greenlightに登録された本作がSteamの早期アクセスに登場しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場
  • 視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場


プログラミング要素を取り入れた異色の一人称視点アクションパズル『Glitchspace』。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが手がけ、2月にSteam Greenlightに登録された本作がSteamの早期アクセスに登場しました。Windows/Mac/Linux向けで価格は6.99ドルとなっています。

本作は、サイバー空間を舞台に壊れた(Glitch)空間を視覚的に表示されるプログラムを用いて修復しながらゴールを目指すアクションパズルゲーム。ブロックのプログラムを変更することにより、足場を固定させたり、大きさや形、特殊な機能を持たせて行くことができます。様々なプログラムを用いるためパズルの解はひとつではなく、高いリプレイ性が特色となっています。


『Glitchspace』の完全版は2014年第2四半期の正式リリースを予定、Oculus VRにも対応しています。ちなみにアルファ版が1月にIndieGameStandなどで4.99ドルにて販売されていましたが、価格が改定されており、現在は6.49ドルとなっています。
《水京》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ダース・モール俳優がVRリズムゲーム『Beat Saber』をプレイ!キューブも“真っ二つ”

    ダース・モール俳優がVRリズムゲーム『Beat Saber』をプレイ!キューブも“真っ二つ”

  2. 『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

    『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

    『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

  4. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  5. アーケード『電車でGO!!』大型アプデを2月下旬に実施─初の私鉄路線「阪神電鉄」登場

  6. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  7. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  8. 大手芸能事務所「アミューズ」が国内プロゲーミングチームGreen Leavesとマネジメント契約

  9. 『YIIK: A Postmodern RPG』海外配信開始! カオスなローンチトレイラーも披露

  10. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

アクセスランキングをもっと見る

page top