視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場
  • 視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場


プログラミング要素を取り入れた異色の一人称視点アクションパズル『Glitchspace』。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが手がけ、2月にSteam Greenlightに登録された本作がSteamの早期アクセスに登場しました。Windows/Mac/Linux向けで価格は6.99ドルとなっています。

本作は、サイバー空間を舞台に壊れた(Glitch)空間を視覚的に表示されるプログラムを用いて修復しながらゴールを目指すアクションパズルゲーム。ブロックのプログラムを変更することにより、足場を固定させたり、大きさや形、特殊な機能を持たせて行くことができます。様々なプログラムを用いるためパズルの解はひとつではなく、高いリプレイ性が特色となっています。


『Glitchspace』の完全版は2014年第2四半期の正式リリースを予定、Oculus VRにも対応しています。ちなみにアルファ版が1月にIndieGameStandなどで4.99ドルにて販売されていましたが、価格が改定されており、現在は6.49ドルとなっています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

    暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

  2. gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

    gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

  3. 「死霊のはらわた」はまだ終わらない?ブルース・キャンベルが新作ビデオゲームの発売を示唆

    「死霊のはらわた」はまだ終わらない?ブルース・キャンベルが新作ビデオゲームの発売を示唆

  4. 声優・石塚運昇さん死去―アニメ『ポケモン』『バイオショック』『CoD:MW3』など

  5. Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】

  6. DONTNOD手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』のTVシリーズ化が決定!

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  9. すべてが謎のPS4新作『Project Mephisto』も選出!「gamescom award 2018」ノミネート作品発表

  10. さながらサンタクロース!『No Man's Sky』で高額アイテムの配布を予告するプレイヤー現る

アクセスランキングをもっと見る

page top