視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場

プログラミング要素を取り入れた異色の一人称視点アクションパズル『Glitchspace』。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが手がけ、2月にSteam Greenlightに登録された本作がSteamの早期アクセスに登場しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場
  • 視覚的プログラミングで解く一人称視点アクションパズル『Glitchspace』Steamの早期アクセスに登場


プログラミング要素を取り入れた異色の一人称視点アクションパズル『Glitchspace』。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが手がけ、2月にSteam Greenlightに登録された本作がSteamの早期アクセスに登場しました。Windows/Mac/Linux向けで価格は6.99ドルとなっています。

本作は、サイバー空間を舞台に壊れた(Glitch)空間を視覚的に表示されるプログラムを用いて修復しながらゴールを目指すアクションパズルゲーム。ブロックのプログラムを変更することにより、足場を固定させたり、大きさや形、特殊な機能を持たせて行くことができます。様々なプログラムを用いるためパズルの解はひとつではなく、高いリプレイ性が特色となっています。


『Glitchspace』の完全版は2014年第2四半期の正式リリースを予定、Oculus VRにも対応しています。ちなみにアルファ版が1月にIndieGameStandなどで4.99ドルにて販売されていましたが、価格が改定されており、現在は6.49ドルとなっています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

    「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

  2. 音楽ゲーム『pop’n music peace』の稼働がスタート―バラエティ豊かなキャラクターと楽曲で20周年をお祝い!

    音楽ゲーム『pop’n music peace』の稼働がスタート―バラエティ豊かなキャラクターと楽曲で20周年をお祝い!

  3. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

    『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  4. 『オーバーウォッチ』声優が別キャラのセリフをしゃべってみた!海外メディア映像

  5. 高機能チャットツール「Discord」ゲームストア/ランチャー機能がオープンベータに!

  6. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  7. 海外版メガドラ「ジェネシス」新型3機種の価格判明―往年の名作が59.99ドルから

  8. 賞品はユービーアイソフト1年分!愛がたっぷり伝わってきたコスプレコンテスト【UBIDAY 2018】

  9. 『ダークソウル』コラボアクセサリー「スズメバチの指輪」近日予約開始―「狼の指輪」も現物公開

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top