噂: 次世代機向け『Just Cause 3』が2015年にリリースか、スクエニが取得したと見られるドメインの情報も浮上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 次世代機向け『Just Cause 3』が2015年にリリースか、スクエニが取得したと見られるドメインの情報も浮上

現在はマルチプレイヤーModで再燃を見せている同作ですが、その続編となる『Just Cause 3』が2015年にもリリースされるのではないかという噂が海外にて伝えられています。

ニュース
2010年にリリースされ前作から続く美麗な南国オープンワールドが良好な評価を獲得した『Just Cause 2』。現在はマルチプレイヤーModで再燃を見せている同作ですが、その続編となる『Just Cause 3』が2015年にもリリースされるのではないかという噂が海外にて伝えられています。

これはスウェーデンの開発スタジオAvalanche Studiosの創設者でありチーフクリエイティブオフィサーでもあるChristofer Sundberg氏のLinked In職歴ページに、スクウェア・エニックスがパブリッシングする「未発表のサンドボックスアクションゲーム」が記載されていたというもの。この未発表タイトルは「非常によく知られているゲームシリーズの最新作」であり、2011年からAvalancheのニューヨーク支部が開発が継続中。2015年6月にも次世代機へ向けリリース予定とされています。

また2012年にはスクエニが『Just Cause 4』関連と見られるドメインを取得したことが注目を集めましたが、新たに現地時間の今年4月22日にも「JustCause3Ame.com」なるドメインが取得されたことが確認されています。これはドメイン関連の大手企業CSC Corporate Domainsが取得したと見られるもので、海外の情報発掘で詳しいSuperannuation氏やGameSpotなどはCSCを介してスクエニが取得したと指摘しています。

現在は2014年リリース予定の映画タイアップゲーム『Mad Max』を手がけているAvalanche Studios。開催近づく6月のE3 2014ではこの『Mad Max』に加え、次世代機で美しい南国の独裁国家が描かれる『Just Cause』シリーズ最新作の姿を拝めるかもしれません。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  2. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

    「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  3. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

    新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  4. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  7. 不思議な地下世界で戦うSTG『Dezatopia』配信開始!4方向に弾を撃ち分け敵と戦え

  8. 『オブザーバー』関連作と見られるティーザー「Incoming Call」公開―サイバーパンクホラー作品

  9. 『Hellblade』開発元が実験的タイトル『Project: Mara』を発表! 精神的な恐怖をリアルに再現

  10. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

アクセスランキングをもっと見る

page top