500マイル離れた入院中の病院にて、PS4のリモートプレイで新作を楽しむゲームキッズ―カナダ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

500マイル離れた入院中の病院にて、PS4のリモートプレイで新作を楽しむゲームキッズ―カナダ

家庭用ゲーム PS4

500マイル離れた入院中の病院にて、PS4のリモートプレイで新作を楽しむゲームキッズ―カナダ
  • 500マイル離れた入院中の病院にて、PS4のリモートプレイで新作を楽しむゲームキッズ―カナダ

自宅から約500マイル(約800Km)離れた入院先の病院にて、9歳のゲームキッズが、PS4タイトル『inFAMOUS Second Son』などをVitaでリモートプレイしながら、カナダにて闘病生活を送っています。

闘病生活を送るのは、ビデオゲームが大好きな9歳のカナダ人少年、Felix Harveyくん。父親が遠く離れた入院先でプレイするFelixくんの模様をツイートしたところ、『inFAMOUS Second Son』開発スタジオSucker Punch ProductionsのTwitterアカウントがリツートし、海外メディアのDualShockersが父親に取材を行いました。

Felixくんは、生まれつき消化器系の持病をかかえており、自宅から約500マイル離れたモントリオールで入院生活を送ることとなりました。父親は、ゲーム好きの息子のためリモートプレイを自宅でテストするなど対策を講じますが、さすがに500マイル離れたところでのプレイは厳しいだろうと考えていました。案の定病院では、2度ほど接続に失敗したのですが、その後は安定した接続でゲームをプレイしているそうです。

入院中、心の均衡を保つことに一役買ってくれるPS4のリモートプレイ。ビデオゲームの進化は様々なシーンに適応してきていることを感じさせてくれるエピソードです。
《DOG COMIC》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

    『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

  2. 【吉田輝和の絵日記】『フォートナイト バトルロイヤル』スイッチ版に挑戦―おじさんは一級建築士?

    【吉田輝和の絵日記】『フォートナイト バトルロイヤル』スイッチ版に挑戦―おじさんは一級建築士?

  3. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

    『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  4. 父と子の絆が再確認できる『ゴッド・オブ・ウォー』"父の日"トレイラーが公開

  5. 【吉田輝和の絵日記】PS4版『Fallout Shelter』で地下シェルターを運営!トゲ付き肩パッドはいらなかった…

  6. 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】

  7. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. PS VR専用の戦略FPS『Firewall Zero Hour』開発者インタビュー…「コミュニケーションで花開く」オンライン対戦とは?【E3 2018】

  9. 「ジュラシック・ワールド」経営ゲーム『Jurassic World Evolution』新プレイ映像!日本語対応で予約も開始

  10. 『Starlink: Battle for Atlas』ディレクターインタビュー―スイッチ版独占『スターフォックス』アーウィンの詳細も合わせてお届け【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top