『Euro Truck Simulator』を手がけたSCS Softwareの開発者がSteamの脆弱性を実証→1年間のBan処分 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Euro Truck Simulator』を手がけたSCS Softwareの開発者がSteamの脆弱性を実証→1年間のBan処分

ゲーム文化 その他


欧州トラックシム『Euro Truck Simulator』を手がけたデベロッパーSCS Softwareの開発者Tomáš Duda氏が、Steamの脆弱性を実証した事で1年間のBan処分を受けた事が明らかとなりました。SCS SoftwareのCEOであるPavel Sebor氏は海外版Kotakuに対して今回の経緯を次のように説明しています。

  • Tomáš Duda氏は小さな噂や新機能、ソースコードの変更まであらゆるSteam情報に目を光らせ、Valveに直接修正や改善を提案している。

  • 彼のシステム全体に対する洞察力は本当に深く、Steamサービス統合に向けてゲームを後押ししてくれる事を期待して彼を雇った。

  • 彼は昨年、Steamに複数の脆弱性を発見しValveに報告した。

  • その内の1つは数ヶ月前にも再び報告した。

  • 先日、彼は同じ志を持つ人々とのクローズドディスカッションにおいて、その脆弱性がまだ修正されていない事を確認した。

  • 脆弱性を実証するため、偶然発見される事もない古い発表ポストを編集し実証用のコード(Harlem Shakeを流して画面をシェイクするだけ)を挿入した。

  • それから30分以内にValveは脆弱性を修正、彼は「Steam加入者規約違反」として1年間のBan処分を受けた。

Tomáš Duda氏はこのBanによりSteamworks Partnerへのアクセス権を失い、開発関連の物を利用できなくなったとの事。ちなみにValveは数ヶ月前の報告では「開発者を信用しているため攻撃媒体にはならない」と返答していたそうです。

確かにコードの挿入には開発者アカウントが必要ですが、もしその開発者アカウントが乗っ取られてしまった場合、悪意のあるコードを埋め込んだ偽通知が出されるのは必至。また、大手であればあるほど被害は甚大なものになりえます。

なお、今回のValveの対応すなわちTomáš Duda氏のBan処分は厳しすぎるとして、彼のBan解除を求めるコミュニティーグループ「Unban Timmy」も立ち上げられています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

    サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  2. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  3. 「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

    「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

  4. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  6. 『ポケットモンスター 金・銀』オーケストラアレンジアルバムが4月発売決定!

  7. 映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」海外トレイラー!ララのオリジン描く

  8. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 「エドモンド本田」フィギュア登場―百烈張り手が光って唸る!

アクセスランキングをもっと見る

page top