『Euro Truck Simulator』を手がけたSCS Softwareの開発者がSteamの脆弱性を実証→1年間のBan処分 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Euro Truck Simulator』を手がけたSCS Softwareの開発者がSteamの脆弱性を実証→1年間のBan処分

ゲーム文化 その他


欧州トラックシム『Euro Truck Simulator』を手がけたデベロッパーSCS Softwareの開発者Tomáš Duda氏が、Steamの脆弱性を実証した事で1年間のBan処分を受けた事が明らかとなりました。SCS SoftwareのCEOであるPavel Sebor氏は海外版Kotakuに対して今回の経緯を次のように説明しています。

  • Tomáš Duda氏は小さな噂や新機能、ソースコードの変更まであらゆるSteam情報に目を光らせ、Valveに直接修正や改善を提案している。

  • 彼のシステム全体に対する洞察力は本当に深く、Steamサービス統合に向けてゲームを後押ししてくれる事を期待して彼を雇った。

  • 彼は昨年、Steamに複数の脆弱性を発見しValveに報告した。

  • その内の1つは数ヶ月前にも再び報告した。

  • 先日、彼は同じ志を持つ人々とのクローズドディスカッションにおいて、その脆弱性がまだ修正されていない事を確認した。

  • 脆弱性を実証するため、偶然発見される事もない古い発表ポストを編集し実証用のコード(Harlem Shakeを流して画面をシェイクするだけ)を挿入した。

  • それから30分以内にValveは脆弱性を修正、彼は「Steam加入者規約違反」として1年間のBan処分を受けた。

Tomáš Duda氏はこのBanによりSteamworks Partnerへのアクセス権を失い、開発関連の物を利用できなくなったとの事。ちなみにValveは数ヶ月前の報告では「開発者を信用しているため攻撃媒体にはならない」と返答していたそうです。

確かにコードの挿入には開発者アカウントが必要ですが、もしその開発者アカウントが乗っ取られてしまった場合、悪意のあるコードを埋め込んだ偽通知が出されるのは必至。また、大手であればあるほど被害は甚大なものになりえます。

なお、今回のValveの対応すなわちTomáš Duda氏のBan処分は厳しすぎるとして、彼のBan解除を求めるコミュニティーグループ「Unban Timmy」も立ち上げられています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

    『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  4. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  5. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  8. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  9. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  10. PC版『ジャストコーズ3』マルチプレイModが近日Steam配信!―最大100人でお祭り騒ぎ

アクセスランキングをもっと見る

page top