【Xbox One 記者説明会】稲船敬二氏「『Mighty No.9』は昔ながらの日本のゲーム作りで挑戦」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【Xbox One 記者説明会】稲船敬二氏「『Mighty No.9』は昔ながらの日本のゲーム作りで挑戦」

Comceptで代表取締役コンセプターを務める稲船敬二氏は、本日開催の「Xbox One 記者説明会」で登壇し、Xbox One向けに開発中の『Mighty No.9』をアピールしました。

家庭用ゲーム Xbox One
稲船敬二氏
  • 稲船敬二氏
  • Mighty No.9
Comceptで代表取締役コンセプターを務める稲船敬二氏は、本日開催の「Xbox One 記者説明会」で登壇し、Xbox One向けに開発中の『Mighty No.9』をアピールしました。

『Mighty No.9』はクラウドファンディングのKickstarterで資金調達を行い、開発が進められている2Dアクションゲーム。稲船氏が得意としてきたアクションゲームで、どこか懐かしい雰囲気を漂わせている作品で、複数のプラットフォームで発売予定です。

登壇した稲船氏はXbox OneはハイエンドのトリプルAだけでなく、レトロゲームやインディーズゲームにも居場所があるとコメント。『Mighty No.9』についてはKickstarterで7万人のバッカーに支えられたゲームで、「彼らの貴重なお金が投資された、魂の入ったゲーム」と表現しました。

稲船氏は「昔、日本が良かった頃のゲーム作り、よりゲーム性にフォーカスを当てた作り方をしていて、開発は順調に進んでいます。豪華なハードにも、こういったゲームの可能性があることを見せていきたいと思っています」と述べました。

『Mighty No.9』はマイクロソフトのインディー支援プログラムの「ID@Xbox」を利用しているようで、「ハイエンドに向かうと、新しいゲームが生まれにくくなるという大きな問題があります。各社が努力してこの問題に立ち向かっているわけですが、ID@Xboxも新しいもののハードルを下げる素晴らしい施策だと思います。自分自身も本作を皮切りに、もっともっと新しいゲームを展開していきたいと思います」と述べていました。

『Mighty No.9』は2015年春発売予定。
《土本学》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

    「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

  3. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

    『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  4. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  5. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  6. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  7. PS4版『龍が如く5 夢、叶えし者』6月20日発売決定! 五大都市を舞台にした“壮大な物語”再び

  8. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  9. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

  10. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top