キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに

メディア スクリーンショット

キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに
  • キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに
  • キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに
  • キャンセルされたSledgehammerのベトナム戦争スピンオフ『Call of Duty』のコンセプトアートが明らかに


2009年から、ベトナム戦争を題材にした三人称視点のシューターとしてSledgehammer Gamesが開発していた『Call of Duty』スピンオフ。未完となった作品のコンセプトアートが公開されています。

3枚のコンセプトアートには遠方から墜落してきた爆撃機B-52や、墜落したヘリから捕まったと考えられる米兵。そして水路の崖上にある町の姿が描き出されています。このコンセプトアートの隅に彼の名前と共に制作年と思われる数字が振られており、それには「09」と記述。この数字を2009年とするならば本作の開発が始まった年と一致します。

Sledgehammerのスピンオフ『Call of Duty』が開発中止となってしまったのは残念ですが、こうやって一部を垣間見れるのは作品の方向性が垣間見れますね。なお、開発中止となってしまった『CoD』スピンオフは本作以外もあり、Vox Gamesが開発していた『Call of Duty: Devil's Brigade』がありました。



未完となった『CoD』のコンセプトアートを担当したのはフリーランスコンセプトアーティストのEddie J Del Rio氏。彼は過去にルーカスアーツやルーカスフィルム、2K Games、THQ、Activision、そしてWalt Disney Imagemoversなどのスタジオに関わった経歴を持っています。彼のWebサイトにはゴジラ(2014)のコンセプトアートなど、ポートフォリオが多数掲載されているのでこちらもどうぞ。

《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. デジタル盗撮シム『Do Not Feed the Monkeys』トレイラー!―霊長類観察クラブへようこそ

    デジタル盗撮シム『Do Not Feed the Monkeys』トレイラー!―霊長類観察クラブへようこそ

  2. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」の配信日が決定!―開発舞台裏映像も

    『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」の配信日が決定!―開発舞台裏映像も

  3. 『ソニックマニア』スペシャルステージの登場が明らかに―スクリーンショット披露

    『ソニックマニア』スペシャルステージの登場が明らかに―スクリーンショット披露

  4. ゾンビサバイバル『Dying Light』の新DLC配信計画が明らかに!

  5. 『ストリートファイターV』いぶき、ララ、ラシードのスポーツコスチュームが近日配信!

  6. 様々なゲーム開発を支える「Unreal Engine 4」最新機能紹介映像!―注目の学生作品も

  7. 【特集】『SUPERHOT』の「もっとも革新的なゲームプレイ」動画まとめ!

  8. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」が遂にお披露目!【UPDATE】

  9. シリーズ最新作『Call of Duty: WWII』のトレイラーが遂に公開!―海外で11月発売

  10. 『Battlefield Hardline』DLCに対する懸念に開発者が回答―「本物の魔法が必要」

アクセスランキングをもっと見る

page top