『Far Cry 4』が舞台を山へと移したことによる要素の変化をディレクターが解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Far Cry 4』が舞台を山へと移したことによる要素の変化をディレクターが解説

家庭用ゲーム PS4

『Far Cry 4』が舞台を山へと移したことによる要素の変化をディレクターが解説
  • 『Far Cry 4』が舞台を山へと移したことによる要素の変化をディレクターが解説

シリーズ最新作として海外では11月に発売を予定している『Far Cry 4』。同シリーズとしてはおなじみでもあったビーチなどの海辺を中心した舞台から一変、ヒマラヤ山脈にてサバイバルが繰り広げられることとなる本作ですが、ディレクターのMark Thompson氏が舞台変更に伴ういくつかの要素の変化について言及しています。

「我々はゲーム内の環境に視覚的な変化を加えたかった。結果ヒマラヤを舞台にしよう、という結論に至った」と語る同氏。海から山に舞台が変わった『Far Cry 4』はこれまでとは異なりバーチカル(縦軸)な世界が中心となるため、ジャイロコプターやクライミングなどのシステムが導入されている点を説明しています。

Far Cry』シリーズではエリアによって異なる野生動物が生息していますが、舞台が変わってもその点は同じ。今作では「鷲」が生息しているため、頭上からの攻撃にも備えなくてはいけないことにも触れています。これによりこのオープンワールドにおいて、空まで視野を広げて山脈を突破しなくてはいけなくなります。

「たまに、森の中で火炎瓶が空中に飛んでいることがある」と説明するThompson氏。「これは敵が鷲に攻撃を加えられており、火炎瓶で応戦しようとしているところだ」とのことで、「これで森が火事になる」と笑いながら解説しています。また「山頂にたどり着き出したプレイヤーに対し、我々は環境を使って少し遊びを加える」と語っており、登頂するためには「酸素」の補給が必要となることも加えています。

舞台変化に伴う様々な要素の変化が、これまでもいくつか発表されている本作。『Far Cry』の冠を被りながらも、これまでの過去作とはかなり異なるオープンワールドサバイバルアクションとなるのかもしれません。

ユービーアイソフトDLタイトルを特集中!
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売日アップデート実施!「プーギー」/やギャラリー機能追加

    『モンハン:ワールド』発売日アップデート実施!「プーギー」/やギャラリー機能追加

  2. Elaバランス調整含む『レインボーシックス シージ』パッチ4.2配信日決定!

    Elaバランス調整含む『レインボーシックス シージ』パッチ4.2配信日決定!

  3. PS4『ワンダと巨像』「フォトモード」国内情報! PS4 Proでプレイ体験を向上させる機能も

    PS4『ワンダと巨像』「フォトモード」国内情報! PS4 Proでプレイ体験を向上させる機能も

  4. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  5. 『レインボーシックス シージ』パッチ4.2内容が海外公開―Ela弱体化などバランス調整含む

  6. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  7. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  8. 『モンハン:ワールド』生放送で新情報が!インタビューで「G級」についても訊いた【レポート】

  9. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  10. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

アクセスランキングをもっと見る

page top