開発者が語るスペースコンバットシム『Star Citizen』がPCオンリーな理由 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者が語るスペースコンバットシム『Star Citizen』がPCオンリーな理由

クラウドファウンディングによって4800万ドルもの資金を獲得しているスペースコンバットシム『Star Citizen』。PC向けに開発されている本作が、コンソール機でリリースされない理由を開発者のEric "Wingman" Peterson氏が語りました。

ニュース 最新ニュース
開発者が語るスペースコンバットシム『Star Citizen』がPCオンリーな理由
  • 開発者が語るスペースコンバットシム『Star Citizen』がPCオンリーな理由

クラウドファウンディングによって4800万ドルもの資金を獲得しているスペースコンバットシム『Star Citizen』。PC向けに開発されている本作が、コンソール機でリリースされない理由を開発者のEric "Wingman" Peterson氏が語りました。

イタリアのゲーム情報サイトPC-GAMINGのインタビューに答えたPeterson氏。『Star Citizen』がPC向けに開発されている理由について「第一に、コンソールは恐らく『Star Citizen』のようなゲームを扱うことが出来ない。クリスと私はPCゲームで育ったし、ほとんどのゲームでPCを脇に押しのけていた気がしたんだ。実際、コンソール機で出てくるとPCのパワーを活用していないグラフィックスになっている。」と語っています。

また「ゲーミングPCは強力なCPUとGPUを搭載した恐るべきもの。次世代ゲーム機を比較することは出来ないんだ。内部コンポーネントは既にゲーミングPCに追加できるものより古い。」とも語っており、コンソール機に対するPCの優位性を説いてます。最後に「完全に自分のマシンの可能性を使用できなくてフラストレーションが溜まっている。ダブルGPUや液体冷却で楽しいビルド構成を持っている人のために、PCの能力を示したゲームを作成したい。」と締めくくっています。

Arena Commanderローンチトレイラー

美しいグラフィックと広大な宇宙が魅力のスペースコンバットシム『Star Citizen』。開発者のPCゲームに対する想いは強いようです。当初の予定通りにいけば、シングルプレイヤー要素やベータ版リリースを経て2015年初頭の正式ローンチが予定されています。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

    『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  2. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

    戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  3. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

    「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  4. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  5. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  6. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  9. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  10. ジョイスティック型ゲーム機「Capcom Home Arcade」海外向けに発表!アーケード16タイトルを収録

アクセスランキングをもっと見る

1
page top