国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発

ニュース 発表

国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発
  • 国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発
  • 国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発
  • 国内でレースゲーム『F1 2014』が世界最速の10月2日に発売― PS4/Xbox One向け新規F1ゲームも開発


コードマスターズは、フォーミュラ1公式ゲームの『F1 2014』を国内でPS3/Xbox 360向けに発売することを発表しました。

本作は、近年のフォーミュラ1における大幅なルール変更を反映しています。その他にも、システムに新要素が加わり、短時間でプレイヤーの能力を判断して適切なゲームセッティングを調整する、ドライバー評価システムが搭載されました。さらに、難易度新しく設定しなおしてVery Easyが追加された他、ゲームモードに新キャリア・オプションなどが実装されます。

本作の国内発売日は2014年10月2日です。欧州では10月17日に、北米では10月21日リリース予定なので、日本での発売が世界最速になります。さらに、コードマスターズは「PS4/Xbox One向けの新規F1ゲームの制作も決定」と告知しました。
    【本作の特徴】

    ・新システム ドライバー評価システム

    『F1 2014』は、弊社の『F1』シリーズの中で、最も手軽にプレイしていただけるフォーミュラ1オフィシャルゲームです。本作から搭載されたドライバー評価システムが、短時間でユーザーの能力を判断し、ゲームのセッティングを適切なレベルに調整できるようにしました。

    ・難易度設定を刷新

    『F1 2014』は、難易度の設定を刷新し、 “Very Easy”が追加されました。また、さまざまな短いゲームやオプションも用意されているので、まったくの初心者の方でも手軽にレースを楽しむことができます。

    一方で、本シリーズに慣れたファンのみなさんは、セッティングをカスタマイズすることで、F1ドライバーに課せられた要求の忠実なシミュレーションとして、本当のF1体験が可能です。

    ・ゲーム・モードの拡大

    『F1 2014』は、新しいキャリア・オプションとRaceNetによるマルチプレイヤー・モードがさらに充実しました。このシリーズの既存ファンと、新たなファンの両方に、フォーミュラ1の世界を再現しお届けします。
    PS4/Xbox One向けの新規F1ゲームの制作も決定

    さらに弊社では、2015年には、PlayStation4、Xbox OneおよびPC向けに新しいFORMULA1タイトルのリリースを予定しております。なお、海外でのリリースはF1シーズン序盤を予定しておりますので、プレイヤーは2015 FIA フォーミュラ・ワン・ワールド・チャンピオンシップの進行に合わせて、アップデートデータを受け取り、週ごとに自分が観ているドライバーやチームと戦うことができることになります。

    ※日本での発売については、決定次第発表いたします。


    製品概要】
    タイトル名: 『F1 2014』
    対応機種: PlayStation 3、Xbox 360
    ジャンル: レーシング
    発売日: 2014年10月2日発売予定
    ローカライズ: 日本語
    プレイ人数: 1~2人(オンライン時最大16人)
    希望小売価格: 7,400円[税別]
    CERO年齢区分: 審査予定
●2014年のF1世界選手権について(FIAフォーミュラ1世界選手権の第65回大会)

2014年のF1世界選手権は、このモータースポーツの60年の歴史の中で最大の大きな変化を見せました。ターボ・チャージ・パワー・ユニット、エアロダイナミックスなどが導入され、より爆発的なパワー供給の中でレーシング・スキルとマシン・コントロールがさらに強調されるとともに、これまでのシーズンよりダウンフォースは少なくなっています。全11チーム中2チーム以外はドライバーの交代があり、新サーキットとして、今年2月にトワイライトイベントが開催されたバーレーン・グランプリ、10年ぶりにF1世界選手権復活したオーストリアのクラッシックコース“レッドブル・リンク”、ドイツの“ホッケンハイムリンク”、ロシア・グランプリが開催予定の“ソチ・オートドローム”が追加されました。今年のマシンには、ターボ・チャージャーが導入され、オーバーテイクのチャンスが増し、ドライバーへの要求も大きくなりました。このまったく新しいパワー・ユニットのおかげで、大きなトルクがアクセルによって発動されますし、ターボ・チャージャーは、これまでよりしっかりしたスロットル・コントロールを要求します。

(c)2014 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters”, “Ego” and the Codemasters logo are registered trademarks owned by Codemasters. “Codemasters Racing” and “RaceNet” are trademarks of Codemasters. An official product of the FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP.

The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company. Licensed by Formula One World Championship Limited. All rights reserved.

All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Unauthorised copying, adaptation, rental, lending, re-sale, arcade use, charging for use, broadcast, cable transmission, public performance, distribution or extraction of this product or any trademark or copyright work that forms part of this product is prohibited. Developed and published by Codemasters.
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  5. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  6. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  7. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top