PC版『Ryse: Son of Rome』の要求スペック詳細が発表― 4Kには780/Titanを要求 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Ryse: Son of Rome』の要求スペック詳細が発表― 4Kには780/Titanを要求

PC Windows

Crytekは、PC版『Ryse: Son of Rome』の要求スペック詳細を発表しました。これは、Steamストアページに掲載された最低/推奨スペックをより細かく解説したものです。

    最小動作環境:
  • CPU: Intel Core i3 2.8 GHz (3220T) または AMD Phenom II X4 3.2 GHz (945)
  • メモリ: 4 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 560 または AMD Radeon HD 7770
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HDD: 26GB
    推奨動作環境:
  • CPU: Intel Core i5 3.3 GHz (2500k) または AMD FX-6350 3.9 GHz
  • メモリ: 8 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 660Ti または AMD Radeon 260x/7850
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HD: 26GB
    4Kプレイ向け推奨動作環境:
  • CPU: Intel Core i7 3.5 GHz (2700k) または AMD FX-8350 4.0 GHz
  • メモリ: 8 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 780/ Titan または AMD Radeon 290x
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HD: 26GB
これらの動作環境の中で、CPUが4K動作でも2011年に発売したi7 2700kを要求するのに対して、グラフィックカードではGTX 780/TitanやR9 290xといった最新で高性能なGPUを要求していることに注目が集まります。そのため、PC版をプレイしようと考えているユーザーは、使用しているPCのグラフィックカードを確認しておくとよいかもしれません。

PC版『Ryse: Son of Rome』はSteamで10月10日に発売予定。価格は4,980円で予約購入を受け付けています。


9月4日に公開されたPC版トレイラー
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

    自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  4. 『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

  5. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  6. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  7. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  8. カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

  9. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  10. サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

アクセスランキングをもっと見る

page top