【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』

Willy Chyr氏はシカゴ在住のアーティストです。シカゴ大学で物理学と経済学を学び、インスタレーションや3Dグラフィックスによる動画作品などを多数発表してきました。今回のTGS2014では初のゲーム作品となる『Relativity』が出展されました。

ゲーム文化 インディーゲーム
【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』
  • 【TGS2014】広大なオープンワールド型一人称視点パズルアドベンチャー『Relativity』


Willy Chyr氏はシカゴ在住のアーティストです。シカゴ大学で物理学と経済学を学び、インスタレーションや3Dグラフィックスによる動画作品などを多数発表してきました。今回のTGS2014では初のゲーム作品となる『Relativity』が出展されました。

『Rilativity』はエッシャーのだまし絵に着想を得た一人称視点の探索パズルゲームです。WASDで移動、マウスで視点操作というオーソドックスな探索アドベンチャーですが、スペースバーを押すことで重力の向きを変化することが可能です。この機能を利用してスイッチを押したり、ブロックを運んだりしながら部屋から部屋へと進んでいくのが目的です。『Portal』や『Antichamber』といった作品に強く影響を受けたとWilly氏が語るように、インディーゲームの中ではむしろオーソドックスなパズルゲームに仕上がっています。


しかしながら、本作の一番の特徴はその広大なレベルにあるでしょう。部屋から部屋に移動してもまったくローディングは発生しません。Willy氏はパズルゲームとともに『The Elder Scrolls V: Skyrim』にも影響を受けたと語っており、本作はいわばオープンワールド系のパズルゲームになる予定です。実際にデモバージョンも無機質な空間が延々と広がっており、独特の崇高さを感じさせてくれます。

開発はすべて一人で行っているため、完成するのは2016年とまだまだ先のようです。デモでプレイした世界もかなり広大でしたが、Willy氏の構想では同じような世界が4つ用意されており、それぞれ火や水といった元素に対応するようです。さらにそれらの元素にちなんだ仕掛けが用意され、プレイヤーはパズルを解きながら世界を探索していくことになります。


プラットフォームはPC、Mac、Linuxを予定しています。まだまだ開発中のタイトルですが、アーティストのWilly氏がすべてを手がける世界は非常に美しく、気になった方は公式サイトのスクリーンショットなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。

《Shin Imai》
【注目の記事】[PR]

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

    迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  2. AIが生成した画像で制作!『異絵-ikai-』開発者の短編ホラーノベルゲームが今週中に公開予定

    AIが生成した画像で制作!『異絵-ikai-』開発者の短編ホラーノベルゲームが今週中に公開予定

  3. 「ZETA DIVISION」VCT Game Changers Japanへの出場を辞退ーVALORANT GC部門所属選手の過去の行動を“悪質性が高い”と判断

    「ZETA DIVISION」VCT Game Changers Japanへの出場を辞退ーVALORANT GC部門所属選手の過去の行動を“悪質性が高い”と判断

  4. 『テラリア』をレゴブロックで作ると...海外プレイヤーによる再現案が注目を集める

  5. 『スカルガールズ 2ndアンコール』ボスキャラ「マリー」がDLCでプレイアブル参戦決定!

  6. ハイラルが目の前に!初代『ゼルダの伝説』のマップがレゴブロックで再現される―製作期間は約4か月

  7. モモンガになったり亀になったり…「BitSummit X-Roads」初日で体験した“Happinet Indie Collection”作品を紹介

  8. ぶいすぽっ!15名が『VALORANT』で夏の大勝負!3チームに分かれた頂上決戦は池袋にて!?8月20日(土)に配信決定!

  9. 伝統国技『もろだし相撲』配信開始! あらゆる手を使って相手のまわしを外せ

  10. 『鉄拳』Netflixアニメ「Tekken: Bloodline」8月18日配信!日本語キャストやキービジュアルも

アクセスランキングをもっと見る

page top