ディズニー、開発スタジオの確認を取らずスマホゲーム『Tiny Death Star』を販売中止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ディズニー、開発スタジオの確認を取らずスマホゲーム『Tiny Death Star』を販売中止に

ディズニーはApp StoreやGoogle Playにて販売していた『Tiny Death Star』および『Star Wars Assault Team』をストア上から削除したと報告しました。

アプリゲーム iOS
ディズニーはApp StoreやGoogle Playにて販売していた『Tiny Death Star』および『Star Wars Assault Team』をストア上から削除したと報告しました。発売から1年にも満たず棚から降ろされた両作。前者のデベロッパーNimblebitは、事前の報告がなかったと海外メディアGame Informerに訴えています。

『Tiny Death Star』は昨年11月に発売されたタイトル。ディズニーがルーカスフィルムを買収してからはじめて販売した『Star Wars』ゲームで、開発Nimblebitの手掛けた『Tiny Tower』風のデス・スター運営ゲームです。また『Star Wars: Assault Team』は2014年3月から展開されたカードストラテジーゲームで、基本無料となるFree-to-Playを採用していました。

海外メディアGame Informerの問い合わせに対し、ディズニーは『Star Wars Commander』といった重要なタイトルに集中するため両タイトルを削除したとコメント。一方『Tiny Death Star』の開発Nimblebitは、同作をストアから削除する件に関して報告を受けていなかったと内情を伝えています。

Nimblebitを設立したMarsh兄弟は「『Tiny Death Star』が発売1年も経たずに販売中止となりとても落胆している。ゲームが削除されることは事前に伝えられていなかったし、最近のレイオフのあとも一切ディズニーから連絡はない」と経緯を説明しています。Marsh兄弟は「もしディズニーをパートナーにしようか検討しているのなら、恐らくそれは君が探しているようなパートナーシップではない」と伝え、今回の件について深い不快感を示しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『メビウス ファイナルファンタジー』20年3月末でサービス終了へ……購入分の未使用通貨の払い戻し対応も

    『メビウス ファイナルファンタジー』20年3月末でサービス終了へ……購入分の未使用通貨の払い戻し対応も

  2. 『ポケモン GO』TSUTAYAとのコラボ終了を発表―1月20日にポケストップ・ジムが消去

    『ポケモン GO』TSUTAYAとのコラボ終了を発表―1月20日にポケストップ・ジムが消去

  3. 『ポケモンGO』によって60キロ以上の減量に成功した男性が、新しく変わった人生を語る

    『ポケモンGO』によって60キロ以上の減量に成功した男性が、新しく変わった人生を語る

  4. 名作『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』がスマホ用新作アプリとして全世界配信決定!

  5. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  6. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  7. 『スーパーマリオラン』4日間で全世界4,000万DL超え…140の国と地域の無料ゲームランキングで1位

  8. 『マイクラ』ARゲーム『Minecraft Earth』日本向け早期アクセス開始!

  9. 近未来くノ一ゲーム『アクション対魔忍』配信決定!感度3000倍なんて存在しない(かもしれない)健全(かもしれない)なアクションRPG

  10. 『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版がテンセントとRiot Gamesにより開発中―海外メディア報道

アクセスランキングをもっと見る

page top