Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに

先日の深夜、ワシントン州のサマミッシュ警察署に一本の緊急通報が入りました。「男がアサルトライフルを持って家族を人質に立てこもっている。男は家族の解放と引き換えに2万ドルを要求している。」という通報で、サマミッシュ警察のSWAT部隊は緊急出動しました。

ゲーム文化 カルチャー
Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに
  • Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに
先日の深夜、ワシントン州のサマミッシュ警察署に一本の緊急通報が入りました。「男がアサルトライフルを持って家族を人質に立てこもっている。男は家族の解放と引き換えに2万ドルを要求している。」という通報で、SWAT部隊が緊急出動しました。

午前4時頃、SWAT隊とヘリが現場に到着。閑静な住宅地で起こったこの事態に近隣住民たちは騒然となりました。

SWAT隊が通報のあった家を取り囲み、突入しました。すると、中には寝ている家族がいただけでした。SWAT隊の突入で飛び起きた家族はただただ驚いていたとのことです。結局、家の中にはアサルトライフルを持った男の姿などなく、通報はいたずら電話だということがわかったそうです。


この家はBungieの幹部の男性が暮らしていて、警察の調査の結果、偽の通報は家の外からあったとのことです。現在、警察はゲームコミュニティメンバーの犯行ではないかと疑っているそうです。この事件に対しBungieの広報担当者は、「彼と一緒に仕事をした誰かか、彼のゲームに対して不満を抱いている誰かかもしれません。」と語っています。

KOMO Newsの取材に対し、サマミッシュ警察署はいたずら電話も犯罪であると呼びかけています。ちなみにワシントン州では懲役刑か5000ドルの罰金となるそうです。今回、実際の立てこもり事件ではなくて良かったものの、SWAT隊が家に踏み込んでくるのは、できれば経験したくはないものです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 俯瞰視点クライムアクション『American Fugitive』配信開始!「正義が合法とは限らない」

    俯瞰視点クライムアクション『American Fugitive』配信開始!「正義が合法とは限らない」

  2. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  3. 「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

    「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

  4. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

  5. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

  6. Tfueが所属チームFaZeを訴える―劣悪な労働契約を主張もチーム側は全面否定

  7. 俯瞰視点オープンワールドクライムACT『American Fugitive』配信日決定! 最新トレイラーも披露

  8. 『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開

  9. 『デビル メイ クライ 5』伝説の悪魔狩人「ダンテ」アクションフィギュアが予約開始

  10. 『The Elder Scrolls』の卓上ゲーム『The Elder Scrolls: Call to Arms』が発表!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top