Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに

先日の深夜、ワシントン州のサマミッシュ警察署に一本の緊急通報が入りました。「男がアサルトライフルを持って家族を人質に立てこもっている。男は家族の解放と引き換えに2万ドルを要求している。」という通報で、サマミッシュ警察のSWAT部隊は緊急出動しました。

ゲーム文化 カルチャー
Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに
  • Bungie幹部の家で銃を持った男が立てこもり?いたずら電話でSWAT隊が出動する騒ぎに
先日の深夜、ワシントン州のサマミッシュ警察署に一本の緊急通報が入りました。「男がアサルトライフルを持って家族を人質に立てこもっている。男は家族の解放と引き換えに2万ドルを要求している。」という通報で、SWAT部隊が緊急出動しました。

午前4時頃、SWAT隊とヘリが現場に到着。閑静な住宅地で起こったこの事態に近隣住民たちは騒然となりました。

SWAT隊が通報のあった家を取り囲み、突入しました。すると、中には寝ている家族がいただけでした。SWAT隊の突入で飛び起きた家族はただただ驚いていたとのことです。結局、家の中にはアサルトライフルを持った男の姿などなく、通報はいたずら電話だということがわかったそうです。


この家はBungieの幹部の男性が暮らしていて、警察の調査の結果、偽の通報は家の外からあったとのことです。現在、警察はゲームコミュニティメンバーの犯行ではないかと疑っているそうです。この事件に対しBungieの広報担当者は、「彼と一緒に仕事をした誰かか、彼のゲームに対して不満を抱いている誰かかもしれません。」と語っています。

KOMO Newsの取材に対し、サマミッシュ警察署はいたずら電話も犯罪であると呼びかけています。ちなみにワシントン州では懲役刑か5000ドルの罰金となるそうです。今回、実際の立てこもり事件ではなくて良かったものの、SWAT隊が家に踏み込んでくるのは、できれば経験したくはないものです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 黒人男性死亡事件を受けEAが100万ドルの寄付を発表―会社全体で長期的に人種差別と戦うための活動内容も

    黒人男性死亡事件を受けEAが100万ドルの寄付を発表―会社全体で長期的に人種差別と戦うための活動内容も

  2. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

    『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  3. 香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

    香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. スチームパンク風メトロイドヴァニア新作『Steamdolls』Kickstarter開始! 世界の根幹を揺るがす陰謀に挑む

  6. 『サイバーパンク2077』関連イベント「Night City Wire」開催延期、現地時間6月25日に実施へ

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 未発売の海外ファミコンゲームがソースコード発見により復刻! ビルド可能なソースコードの公開も予定

  9. ローグライト悪魔祓いシューター『One Shell Straight To Hell』トレイラー!

  10. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」を再現するRPGマップ完成版が配布! 圧倒的スケールと再現度を誇る傑作

アクセスランキングをもっと見る

page top