『Call of Duty』はプレイヤーの学習能力を向上させる ー 米認知科学教授が研究結果を公表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty』はプレイヤーの学習能力を向上させる ー 米認知科学教授が研究結果を公表

ゲーム文化 カルチャー

『Call of Duty』のようなアクションゲームはプレイヤーの学習能力を向上させるという最新の研究結果を、ロチェスター大学の脳・認知科学教授Daphne Bavelier氏が発表しています。

Bavelier教授によると、人気FPSゲーム『Call of Duty』のプレイヤーは、プレイしていない人よりも記憶力や集中力、物事を多面的に捉える能力などが勝るとの研究結果が出たとしています。さらに、普段ゲームをプレイしていない人も、2ヶ月間、週5日ペースで毎日2時間ほど『Call of Duty』のようなFPSゲームをプレイすると同様の結果が見られたそうです。しかし、『The Sim 2』のようなシミュレーションゲームではこのような結果が得られなかったようで、FPSゲームが特に学習能力の向上に貢献するのではないかと語っています。

同教授はこの研究が学術的な知識獲得や勉強の助けとなってほしいとしながらも、特に若者世代は、ゲームをやり過ぎることによって学校の勉強や宿題をやる時間を削ってしまい、学習能力は向上しても他の脳の機能が悪化してしまう可能性があることから、この研究結果を勉強しない言い訳に使っていいものではないと釘を刺しています。同時に、現在販売されているFPSゲームは暴力的なものが多いことから、子供の学習にはふさわしくないという面も指摘しています。

新作が発売されたばかりの『Call of Duty』シリーズですが、面白いからといってやりすぎるのではなく、ほどほどにプレイして集中力を高めてから学業に挑む方が良いようです。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』プロ選手が差別発言でチーム除名、e-Sports業界も引退へ

    『オーバーウォッチ』プロ選手が差別発言でチーム除名、e-Sports業界も引退へ

  2. CG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」レオン/クリスがゾンビ圧倒する海外映像

    CG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」レオン/クリスがゾンビ圧倒する海外映像

  3. 海外ゲーマーが『どうぶつの森+』を約23時間で制覇…全アイテムを集めるハイスピードスローライフを達成

    海外ゲーマーが『どうぶつの森+』を約23時間で制覇…全アイテムを集めるハイスピードスローライフを達成

  4. 「チートとModはサイバー犯罪者への入り口」?―英国家犯罪対策庁がレポートを発表

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. Twitch、アフィリエイトプログラムを開始―小規模チャンネルも収益入手可能に

  7. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  8. とある菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題―編集部が食レポ!

  9. 『Fallout』の卓上ゲーム『Fallout: Wasteland Warfare』が製作中!

  10. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top