『Call of Duty』はプレイヤーの学習能力を向上させる ー 米認知科学教授が研究結果を公表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty』はプレイヤーの学習能力を向上させる ー 米認知科学教授が研究結果を公表

ゲーム文化 カルチャー

『Call of Duty』のようなアクションゲームはプレイヤーの学習能力を向上させるという最新の研究結果を、ロチェスター大学の脳・認知科学教授Daphne Bavelier氏が発表しています。

Bavelier教授によると、人気FPSゲーム『Call of Duty』のプレイヤーは、プレイしていない人よりも記憶力や集中力、物事を多面的に捉える能力などが勝るとの研究結果が出たとしています。さらに、普段ゲームをプレイしていない人も、2ヶ月間、週5日ペースで毎日2時間ほど『Call of Duty』のようなFPSゲームをプレイすると同様の結果が見られたそうです。しかし、『The Sim 2』のようなシミュレーションゲームではこのような結果が得られなかったようで、FPSゲームが特に学習能力の向上に貢献するのではないかと語っています。

同教授はこの研究が学術的な知識獲得や勉強の助けとなってほしいとしながらも、特に若者世代は、ゲームをやり過ぎることによって学校の勉強や宿題をやる時間を削ってしまい、学習能力は向上しても他の脳の機能が悪化してしまう可能性があることから、この研究結果を勉強しない言い訳に使っていいものではないと釘を刺しています。同時に、現在販売されているFPSゲームは暴力的なものが多いことから、子供の学習にはふさわしくないという面も指摘しています。

新作が発売されたばかりの『Call of Duty』シリーズですが、面白いからといってやりすぎるのではなく、ほどほどにプレイして集中力を高めてから学業に挑む方が良いようです。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout: NV』大型Modが配信時期を大幅前倒し―公式ボードゲーム版拡張で同名が用いられたため

    『Fallout: NV』大型Modが配信時期を大幅前倒し―公式ボードゲーム版拡張で同名が用いられたため

  2. 「ホットウィール」に『マリオカート8』コラボミニカーが登場!2019年夏に海外で発売

    「ホットウィール」に『マリオカート8』コラボミニカーが登場!2019年夏に海外で発売

  3. 愛知県が舞台の格闘レースゲーム『Aichi Emperors Zero』登場!―鎧武者がバイクでパンク野郎を退治

    愛知県が舞台の格闘レースゲーム『Aichi Emperors Zero』登場!―鎧武者がバイクでパンク野郎を退治

  4. 名作ホラー『サイレントヒル』謎が謎を呼ぶファンムービー!ここは一体どこなんだ…

  5. 『P.T.』風ホラー『Infliction』のKickstarterが近日終了―Steam版デモも配信中

  6. 『サイレントヒル』の影響受けたレトロ風ホラー『Harrow』がリリース!

  7. 思てたんと違う!「マリオ」と「ホットウィール」の最新コラボミニカー

  8. ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

  9. 『アーマード・コア』シリーズ20周年記念オリジナルサントラの試聴がスタート!

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top