英セキュリティー研究者がCanon製プリンター上で『Doom』を起動させることに成功 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英セキュリティー研究者がCanon製プリンター上で『Doom』を起動させることに成功

セキュリティー研究者のMichael Jordan氏が、Canonのワイヤレスプリンターをハックして初代『Doom』の起動に成功させたとBBCが報じています。

ゲーム機 技術
英セキュリティー研究者がCanon製プリンター上で『Doom』を起動させることに成功
  • 英セキュリティー研究者がCanon製プリンター上で『Doom』を起動させることに成功
セキュリティー研究者のMichael Jordan氏が、Canonのワイヤレスプリンターをハックして初代『Doom』の起動に成功させたとBBCが報じています。

Jordan氏によると、このハッキングはインターネットに接続された身近なデバイスのセキュリティ問題へのデモンストレーションとして行ったとのことです。同氏はBBCに対し、「『Doom』が起動できる、これはコントロールできてしまうことの確かな証明です」と述べています。また、『Doom』のプログラムを走らせたのは、使用したプリンターが32bit Armプロセッサーと10Mbのメモリ、手頃なサイズの液晶スクリーンを搭載していた為、ちょうど良かったからだとも語っています。

余談ですが、コードは仕事の空き時間を使って数ヶ月間かけて書き上げたとのことで、かなりの労力を裂いたため、これ以上手を入れることはしないとしています。

このデモンストレーションの結果を受け、Canonは今後発売するプリンターに対策を施していくそうです。今回のデモンストレーションは、「インターネット・オブ・シングス(Internet of Things)」と呼ばれる、生活のあらゆるものがインターネットに接続するサービスや製品の構想に警鐘を鳴らすものという側面も持っています。

インターネット接続による利便性の向上とプライバシーや安全の保護の問題は、これからも企業とハッカーの競争の上に、技術と議論が積み重ねられていくのかもしれません。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VRゲーム開発で大切なのは「プレイヤーの興奮を醒めさせないこと」『エースコンバット7』VRモードセッションレポ【CEDEC 2019】

    VRゲーム開発で大切なのは「プレイヤーの興奮を醒めさせないこと」『エースコンバット7』VRモードセッションレポ【CEDEC 2019】

  2. さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

    さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

  3. HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

    HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

  4. 「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表!

  5. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  6. クラウドゲームサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」2019年冬より始動ーソフトバンクとNVIDIAが協業

  7. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  8. 幻想的風景を見渡すVR探索ゲーム『MARE』プレイレポ―積乱雲の存在感がスゴい…【BitSummit Vol.6】

  9. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  10. VRゲームの定額制サービス「VIVEPORTインフィニティ」がスタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top