『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など

海外発売まで1週間を切った新世代版『Grand Theft Auto V』の更なるスクリーンショットがRockstar Newswireにて披露されています。今回は本作のマルチプレイ要素である『Grand Theft Auto Online』のシーンを収録しています。

メディア スクリーンショット
『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など
  • 『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など
  • 『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など
  • 『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など
  • 『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など
  • 『GTA Online』中心の新世代版『GTA V』スクリーンショット、30人レースやキャラクター作成など

海外発売まで1週間を切った新世代版『Grand Theft Auto V』の更なるスクリーンショットがRockstar Newswireにて披露されています。今回は本作のマルチプレイ要素である『Grand Theft Auto Online』のシーンを収録しています。


    最大30人の騒乱
    フリーモードにおいて大人数で襲撃するか、あるいはGTAレースにおいてクルーと列をなすか。PS3/Xbox 360版の倍近いプレイヤーでのアクションが体験可能。


    次世代のキャラクタークリエイター
    オーバーホールされたキャラクタークリエイターによる、新たなカスタマイズオプションで劇的に変身。ゼロから新しいキャラクターを作成するか、現在のキャラクターを真のロスサントスファッションに美容整形。


    GTA Onlineでの一人称体験
    ストーリーモードとGTA Onlineのいずれにおいてもプレイ中に一人称視点と三人称視点をシームレスに切り替え可能。


    クリエイターツールのプロップを倍増
    クリエイターツールで配置できるプロップの数は倍増。迷路のようなランドレースや輸送コンテナを積み重ねた大規模な障害物エアレースなども作成可能に。

新世代版『Grand Theft Auto V』は、PS4/Xbox One版が11月18日、PC版が2015年1月27日に海外発売予定。国内ではPS4/Xbox One版が12月11日、PC版が海外と同じく2015年1月27日に発売予定です。なお、Rockstar Gamesはリリース初日に微調整や最適化を行うパッチを配信予定との事で、プレイを始める前にアップデートを行うよう伝えています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. 全部お前のせいだったのか! 帰ってきたリプレイサーによる『CoD:BO4』新トレイラー

    全部お前のせいだったのか! 帰ってきたリプレイサーによる『CoD:BO4』新トレイラー

  2. 『Days Gone』日本オリジナルのWEB CMが公開ー敵だらけの過酷な世界で生き残れ

    『Days Gone』日本オリジナルのWEB CMが公開ー敵だらけの過酷な世界で生き残れ

  3. 『The Sims 4』ちょっとホラーな追加DLC「StrangerVille」発表ー町で起こる奇妙な事件を解き明かせ

    『The Sims 4』ちょっとホラーな追加DLC「StrangerVille」発表ー町で起こる奇妙な事件を解き明かせ

  4. 『スマブラSP』第1回「スマブラ画道場」結果発表!桜井政博氏のツッコミも冴え渡る

  5. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』蝶のように舞うボス「Lady Buttefly」をチラ見せする海外映像

  6. 『Apex Legends』「レジェンドごとの移動速度は異なる?」など噂を検証する動画シリーズ第1弾

  7. ほ、骨がバッキバキ!『Anthem』カットシーンで起きた珍妙動画を海外メディアが公開

  8. 『エースコンバット7』シーズンパスティーザー映像―意味深なやり取りや謎の男女の正体とは…

  9. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  10. 『Apex Legends』リスポーン機能は「社名にある以上、入れないわけにはいかない」―国内向け開発映像

アクセスランキングをもっと見る

page top