あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開

カプコンは、リマスター版『バイオハザード0 HDリマスター』に登場するクリーチャーの情報を公開しました。

メディア スクリーンショット
あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
  • あのヒル達がより醜悪に…『バイオハザード0 HDリマスター』クリーチャー情報公開
カプコンは、リマスター版『バイオハザード0 HDリマスター』に登場するクリーチャーの情報を公開しました。

クリーチャーは、本作を象徴すると共にストーリーの鍵を握るヒル型クリーチャー“リーチ”や人型に合体した“擬態リーチ”、シリーズお馴染み大蜘蛛の“ジャイアントスパイダー”、昆虫型の“プレイグクローラー”、ボスである大サソリの“スティンガー”とオオムカデの“センチュリオン”の合計6種類。公式サイトでは各クリーチャーの動画も掲載中です。

なお2015年10月末には、オリジナル版でデザインされたキャラクターやクリーチャーのコンセプトアートを解説する開発日誌映像が公開されているのでこちらもどうぞ。


10月末に公開された開発日誌映像第3弾

    ●リーチ(Leech)

    始祖ウィルスの品種改良の為、アンブレラ研究所ではヒルが用いられていたが、リーチはその研究 素体と思われる。体長は20cmに達するほど巨大化し、摂食時には口吻からt-ウィルスを含む体液 を注入するため、ウイルスの媒介者ともなる。開発担当者であったマーカス博士はこのヒルに異常とも見える愛情を注ぎこんでおり、リーチは他にも謎を秘めているようだ。



    ●擬態リーチ(Leech「Mimicry」)

    感染対象を凶暴化、巨大化させる傾向の強いt-ウィルスだが、ヒルの感染体であるリーチは背部に眼のような受光器官をもっている他、群体で行動する習性を持つなど独自の進化を遂げている。群体時には人型に擬態し、動きやすい姿を取っているが。レベッカが黄道特急車内で出会う老人のように、静止状態であれば表皮を変質させることでかなり精密な擬態も可能なようだ。

    擬態リーチはおびただしい数のリーチが群体行動をとった姿であり、あたかも知能を持った一つの生命体のような振る舞いを見せる非常に厄介な敵だが、 群体と言う性質上、高熱や酸など個体同志の結合を解くような攻撃には脆い。



    ●ジャイアントスパイダー(Giant Spider )

    自然界のクモがt-ウィルスに二次感染した変異体。2mを超える巨躯を誇る。t-ウィルス感染による巨大化の傾向が顕著に現れた例であるが、昆虫やクモなど節足動物ほどその傾向が強いようだ。巨大化によって毒性も強まっており、ミドルレンジでの毒液攻撃が脅威だ。



    ●プレイグクローラー(Plague Crawler)

    プレイグクローラーは生物兵器研究の初期に開発された昆虫型のB.O.W.だ。多種の虫の遺伝子をベースにウィルスと遺伝子操作が施されたキメラ生物である。2mを超える巨躯と腕部の鎌による殺傷力の高さからと攻撃力の面では不足なかったが、昆虫類をベースとしていることから知能の発達が見られず、命令遂行能力に乏しい事から開発は中断され、その後の生物兵器開発は人間を含む脊椎動物ベースへと移行してゆく。 プレイグクローラーは放置と言う形で廃棄された個体が繁殖したようで、幹部養成所の随所に出現する。



    ●スティンガー(Stinger)

    自然界のサソリがt-ウイルスに感染したクリーチャー。何者かの実験によって生み出されたものと思われる。t-ウイルスの影響下で頻繁に脱皮を繰り返し、通常の成体の数十倍にも及ぶサイズへと巨大化した。撃ちこまれた銃弾のダメージを殆ど吸収してしまうほどの装甲性能を獲得している。



    ●センチュリオン(Centurion)

    昆虫やクモガタ類などの節足動物に対してはt-ウィルスが及ぼす巨大化作用が、より顕著に働く事は比較的早い段階から判明していたが、ムカデに対してはより劇的な効果をもたらした。ムカデは熱帯産の大型種は30cmを超え、ネズミやトカゲなどを捕食する事が知られているが、センチュリオンは全長10m を超える巨大化を遂げている。

    もちろん原種の持つ獰猛さと肉食傾向はさら に強化されている為、人間に対しても捕食対象として猛威を振るう。なおムカデが研究対象とされた記録は確認されておらず、センチュリオンの発生は研究の結果なのか二次感染なのかは不明である。


本作は、国内でPS4/Xbox One向けの『バイオハザード HDリマスター』がセットになったオリジンズコレクションパッケージ版と、PS4向けパッケージ版が2016年1月21日に発売予定。PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360ダウンロード版が2016年初頭に発売予定。価格は、オリジンズコレクションパッケージが5,990円(税別)、通常パッケージ版が3,990円(税別)です。
《G.Suzuki》

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. まるでチョ◯ボな恐鳥類を披露する『ARK: Survival Evolved』最新版映像!

    まるでチョ◯ボな恐鳥類を披露する『ARK: Survival Evolved』最新版映像!

  2. 小島監督の「ヒデチュー」第6回公開―マッツ・ミケルセンも出演!

    小島監督の「ヒデチュー」第6回公開―マッツ・ミケルセンも出演!

  3. 警備室ホラー最新作『Ultimate Custom Night』最高難度のクリア映像がどうかしてる

    警備室ホラー最新作『Ultimate Custom Night』最高難度のクリア映像がどうかしてる

  4. 開発中止になったHDリメイク版『シェンムー』の映像が海外メディアにて公開―ビジュアルの大幅改善が行われていた

  5. 『スーパーマリオブラザーズ』を歌やギターで操作しちゃう映像!

  6. 『FF7』のミッドガルを超細かく再現した『Minecraft』ファン作品

  7. 海外サイトが選ぶ『初代プレステの対戦・協力プレイゲーム』TOP10

  8. 『Anthem』の前日譚を描いた実写短編映画「Conviction」公開!「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督

  9. 『Mortal Kombat X』のブルタリティが遂にお披露目! もはやプチフェイタリティ

  10. HBAO+などのNVIDIA独自技術が光る『The Division』PC版GameWorks適応映像

アクセスランキングをもっと見る

page top