ギーガー調デザインが光る新作アドベンチャー『Scorn』のトレイラーが公開、Kickstarterも近日開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ギーガー調デザインが光る新作アドベンチャー『Scorn』のトレイラーが公開、Kickstarterも近日開始

ゲーム文化 インディーゲーム


Ebb Softwareが手がける一人称視点アドベンチャーゲーム新作『Scorn』のトレイラーが公開されました。本作の詳細は明かされていないためどのような内容となるのかは今のところ不明ですが、H・R・ギーガーやズジスワフ・ベクシンスキーを思わせる不気味なビジュアルデザインが興味をひきつけます。海外サイトRely on Horrorの過去の記事ではコンセプトアートやスクリーンショットも掲載されています。


公式サイトによれば、以前にソニーを含む一部のパブリッシャーや個人投資家と資金提供に関する交渉が行われたものの、尖ったデザインが現在の市場に合わないなどの理由で実現しなかったとの事。そこで、Ebb Softwareは11月14日よりKickstarterキャンペーンの展開を予定しています。ただ、彼らは考え方の相違からKickstarterを最後の手段ととらえており、“リワードはほぼデジタル”、“200ユーロ以上のリワードはなし”など、一般的なキャンペーンと異なる形で展開します。

    「アーティストが望むものを作り、自身がベストだと思う形でリリースするべきであると信じています。一旦製品が出たら消費者は作品について調べ、レビューを読みます。そしてそれを購入するかは彼ら次第です」

本作の開発にかかる予算は約700,000ユーロ。しかし、無名のアーティストがKickstarterでそれだけの資金を集めるのは難しいとの判断から、ゲームを2エピソードに分割し、前編を200,000ユーロで開発する事に決めたそうです。


記事冒頭に掲載したトレイラーを見て興味をもつ方も多いであろう『Scorn』。果たしてKickstarterキャンペーンは無事成功するのでしょうか。続報を含め今後の展開に注目です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

    12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

  2. 『オーバーウォッチ』のLEGOセットも! Activision Blizzardのライセンス事業プランが発表

    『オーバーウォッチ』のLEGOセットも! Activision Blizzardのライセンス事業プランが発表

  3. 『オーバーウォッチ』2周年記念イベント「Overwatch Anniversary 2018」開催!

    『オーバーウォッチ』2周年記念イベント「Overwatch Anniversary 2018」開催!

  4. 「呪いをまとうお方、Tシャツを求めなさい」ー『ダークソウル』コラボTシャツが発表

  5. Valve、美少女ゲームの一斉削除告知を一時保留“見直し”―果たして騒動の結末は

  6. 大手Modサイト「Nexus Mods」が新たな寄付機能を開始ーダウンロード数に応じて独自ポイントを分配

  7. 『FO4』向け大型Mod『Fallout: Cascadia』最新トレイラー!荒廃したシアトルの全容が明らかに

  8. 賞金総額約110億円の『フォートナイト バトルロイヤル』公式e-Sports大会が海外向けに発表

  9. DeToNatorの『オーバーウォッチ』部門が活動休止―代表・江尻氏が声明を発表

  10. 非対称ホラーロイヤル『Hide Or Die』Kickstarter開始! 15人の生存者vs1人の殺人者

アクセスランキングをもっと見る

page top