SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ

ゲーム機 周辺機器

SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
  • SteelSeries、『Dota 2』モデル新マウスとヘッドセット2種を11月28日に発売へ
SteelSeriesは、ヘッドセットの「SteelSeries Siberia v3」「SteelSeries Siberia RAW Prism」、ゲーミングマウスの「SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse」を11月28日に発売すると発表しました。

■SteelSeries Siberia v3

「SteelSeries Siberia v3」は、同社のヘッドセットシリーズの最新製品にあたるモデルです。素材を厳選し再設計したスピーカードライバーが、繊細な音までをきっちりと再現し、奥行きのある音場を実現。トーナメントグレードと謳われる、綿密な調整がされています。

耳を包み込むオーバーイヤータイプのイヤーカップとイヤーパッドの適度な装着感と、形状記憶素材を使用したイヤークッションにより、外部ノイズを軽減し、ゲームの音がより聞き取りやすくなりました。Siberiaシリーズおなじみのサスペンションシステムと相まって、快適な装着性を実現しています。

従来の製品よりもスリムにデザインされた収納式のマイクは、プレイヤーの声をよりクリアに収音。マイク用ミュートスイッチは左イヤーカップに配置されているため、コードをたぐって探す必要はありません。ケーブルはプロゲーマーの厳しい要求に応えるため、従来製品の2倍の耐久性を実現し、断線などを防ぎます。

また、本製品はマルチプラットフォーム対応のため、PCだけでなく、PS4などの3.5mmのジャックを備えたゲーム機やデバイスであれば使用することが可能です。Xbox One用は後ほど発売予定です。

■SteelSeries Siberia RAW Prism

「SteelSeries Siberia RAW Prism」は、Siberiaシリーズのエントリーモデルにあたります。高品質な音場で、リアルなゲーム体験をエントリーユーザーにも提供します。左イヤーカップには薄型マイクを内蔵。プレイヤーの声とノイズを判別し、音量を自動調整する同社の「Mic Auto-Optimization DSP」を搭載しているため、音量調整に慣れていないユーザーにも優しい設計です。


イヤークッションにはメッシュデザインを採用し、柔らかい当たりと超軽量のデザインで快適さを確保。長時間使用しても疲れないシンプルな設計です。

イヤーカップにはイルミネーションを搭載、1,680万色から自由に色をカスタマイズすることが出来ます。イルミネーションと音質は、ソフトウェアの「Engine 3」からカスタマイズが可能で、アプリケーションやゲーム用のイルミネーションのカスタムプロファイルや、本製品向けのイコライザーの設定もソフトウェアに含まれています。

■SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse

「SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse」は、ゲーミングマウスの「Rival」の『Dota 2』デザインのモデルです。

本製品は『Dota 2』の公認ゲーミングマウスで、Doom専用武器の「Genuine Hell's Glare」が付属しています。

現行製品のRivalと同等の仕様で、オプティカルセンサーにAvago ADNS 3310を搭載、50~6,500dpiの幅で調整可能。3,000万回以上の耐久性を持つスイッチや、マット加工の表面、サイド部のラバーグリップなどを備えています。


ネームプレートは「DOTA 2」に変更されており、付属のネームプレートは、質感の異なる2種類の「DOOM」と書かれたものが用意されています。ソフトウェアの「Engine 3」から変更可能なイルミネーションは、『Dota 2』仕様のものが用意されています。

それぞれの製品の価格は以下の通りです。

「SteelSeries Siberia v3」: 12,960円(税込)
「SteelSeries Siberia RAW Prism」: 7,560円(税込)
「SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse」: 8,100円(税込)

発売日は3製品ともに2014年11月28日です。

    ■「SteelSeries Siberia v3」製品仕様
  • 製品名: SteelSeries Siberia v3
  • カラー: ホワイト、ブラック
  • 本体重量: 250g
  • ケーブル長: 120cm(延長ケーブル200cm付属)

  • スピーカー部
  • 周波数特性: 20-20,000Hz
  • インピーダンス: 32ohm
  • センシティビティ: 80db
  • コネクター: 3.5mm / デュアル3.5mm

  • マイク部
  • 周波数特性: 100-10,000Hz
  • 指向性: 単一指向性
  • センシティビティ: -42db

    ■「SteelSeries Siberia RAW Prism」製品仕様
  • 製品名: SteelSeries RAW Prism
  • カラー: ホワイト
  • 本体重量: 238g(ケーブル含)
  • ケーブル長: 150cm

  • スピーカー部
  • 周波数特性: 20-20,00Hz
  • インピーダンス: 32ohm
  • センシティビティ: 94db
  • コネクター: USB

  • マイク部
  • 周波数特性: 50-16,000Hz
  • 指向性: 無指向性
  • センシティビティ: -38db

    ■「SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse」製品仕様
  • 製品名: SteelSeries Rival Dota 2 Edition Gaming Mouse
  • カラー: 1種類
  • サイズ(幅x奥行きx高さ): 70 x 133 x 45mm
  • 重量: 128g(ケーブル含)
  • ケーブル長: 200cm(ソフトラバーケーブル)
  • センサー方式: オプティカル
  • センサー解像度: 50-6,500cpi
  • 最大加速度: 50G
  • ポーリングレート: 最大1,000Hz
  • 最大認識速度: 200インチ/秒
  • ボタン数: 6(全てカスタマイズが可能)
  • ボタン寿命: 3,000万回
  • マウスソール: テフロン
  • 接続I/F: USB
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ゲームの中でゲームをプレイするVRアドベンチャー『Pixel Ripped 1989』配信日決定!

    ゲームの中でゲームをプレイするVRアドベンチャー『Pixel Ripped 1989』配信日決定!

  2. PS VR対応の手術シム『Surgeon Simulator: ER』が海外配信!―ヤバすぎる実写再現映像も

    PS VR対応の手術シム『Surgeon Simulator: ER』が海外配信!―ヤバすぎる実写再現映像も

  3. VRで自分好みの部屋をデザイン!『TrueScale VR』HTC Vive向けに配信開始

    VRで自分好みの部屋をデザイン!『TrueScale VR』HTC Vive向けに配信開始

  4. 森林サバイバルホラー『The Forest』のVR版ベータがスタート!

  5. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」E3トレイラー!【E3 2018】

  6. E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】

  7. 『SEGA Mega Drive & Genesis Classics』にVR対応アップデート!オンラインマルチも実装に

  8. VR巨大ロボ操縦シューター『Archangel』Steam配信開始!

  9. VR交流ゲーム『Rec Room』にバトルロイヤルモードが実装決定!

  10. HTC、電波法で不認可の「Vive ワイヤレスアダプター」国内販売断念を正式確認―担当者が回答

アクセスランキングをもっと見る

page top