【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

ルチャ・リブレを題材とした横スクロールアクションゲーム『覆面闘志』を開発したカナダのインディーデベロッパー、DrinkBoxのPS Vita用新作ゲーム『SEVERED』が、ラスベガスで開催された「PlayStation Experience」で発表されました。

携帯ゲーム PS Vita
【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作
  • 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作
  • 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作
  • 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作
  • 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作
  • 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

ルチャ・リブレを題材とした横スクロールアクションゲーム『Guacamelee!(覆面闘志)』を開発したカナダのインディーデベロッパーDrinkBox StudioのPS Vita用新作ゲーム『SEVERED』が、ラスベガスで開催された「PlayStation Experience」で発表されました。

同会場のメディアショーケースで触れる機会がありましたので、どのようなゲームかの説明も含めてレポートお届けします。


『SEVERED』は、片腕を無くした少女がモンスターを倒しながらダンジョンを進んでいくアドベンチャーゲームです。操作は、PS VitaのL/Rスティックでマップ移動と方向転換を行い、バトルは画面のスワイプ操作でパリィや攻撃を行うという『Infinity Blade』ライクなシステムとなっていました。始めは1対1の戦いでしたが、ダンジョンを進むにつれて前方だけでなく一度に数体の敵が現れるようになり、見えない向きにいる敵に注意をしながら攻撃する必要も出てきます。


アートワークはネイティブアメリカンを参考にし、血と魔物が溢れるおどろおどろしい世界感を表現しています。序盤のみのプレイだったので細かい設定までは把握できませんでしたが、なぜ少女は腕を無くしたのか、そしてなぜ剣を与えられたのか、ゲームを進めていくにつれて様々な謎が解き明かされていきそうです。


開発者によると、『SEVERED』の他機種版の開発にはすでに取り組んでいるそうですが、まずはPS Vita用タイトルとして先行してリリースされるとのことです。北米でのリリースは2015年の春を予定、日本での発売は未定となっていますが、リリースできるように前向きに取り組んでいると語っており、期待できそうです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 「PlayStation Vita」が近日出荷完了予定、約7年の歴史に幕下ろす

    「PlayStation Vita」が近日出荷完了予定、約7年の歴史に幕下ろす

  2. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

    【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  3. PS Vita『ソルト アンド サンクチュアリ』が国内発売へ―『ダクソ』に影響を受けた2Dアクション【UPDATE】

    PS Vita『ソルト アンド サンクチュアリ』が国内発売へ―『ダクソ』に影響を受けた2Dアクション【UPDATE】

  4. PSP Goのバッテリー持続時間は現行機と同じ。およそ3〜6時間に

  5. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  6. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  7. なんともサイバーなスタイルのヘッドフォン型吸入麻酔器『PediSedate』

  8. 世界を巻き込むPS Vita無料ゲーム『Destiny of Spirits』ベータテスト実施決定 ― 参加者募集スタート

  9. 発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

  10. 通り魔事件で『ニンジャガイデン』を取り上げた日本のメディアが海外で激しく非難される

アクセスランキングをもっと見る

1
page top