お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作

これまでにも『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』で登場する剣や、『アサシン クリード ユニティ』のファントムブレードなどを手がけ、その様子を動画にしてきた「MAN AT ARMS」。またもや彼らの新たな動画が公開されています。

ゲーム文化 その他
お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
  • お馴染み鍛冶職人、今度は『デビルメイクライ』ダンテの大剣「リベリオン」を制作
これまでにも『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』で登場する剣や、『アサシン クリード ユニティ』のファントムブレードなどを手がけ、その様子を動画にしてきた「MAN AT ARMS」。またもや彼らの新たな動画が公開されています。

今回も、ファンからの要望により『デビルメイクライ』シリーズに登場するダンテが持つ両手剣「リベリオン」を制作。大きな剣を制作するため、材料を熱して鍛え、さらに形にしていくというのを繰り返すシーンが多くなっています。

次第に刀身は刃らしい形になっていき、最後には美しい模様が出現。もちろん刃だけでなく、装飾となる骸骨もしっかりと作られており、あのおどろおどろしい柄もきちんと再現されています。



そして、一番最後には恒例の試し切りシーンも。やはり切れ味にも問題はなく、カボチャは割られるように破壊され、ゾンビの顔はばっさりとその顔が開かれています。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

    海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  2. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

    『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

  3. 近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

    近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

  4. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  5. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  6. リンクの家やハイラル城まで…『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のマップをレゴだけで再現

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. Devolver Digitalが「任天堂版PlayStation」向けのゲーム移植チームを募集?果たして真相は

  9. 熱い要望も……「Xbox アダプティブ コントローラー」の再販予定についてマイクロソフトに聞いてみた

  10. PC版『レッド・デッド・リデンプション2』Modの不具合で怪物アーサーが誕生してしまう…

アクセスランキングをもっと見る

page top