YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ

ユーザーによる投稿や企業によるプロモーションビデオなど、多数の映像コンテンツを配信するYouTube。親会社であるGoogleは、YouTubeコンテンツのトップ検索ワードを公開しました。

メディア 動画
YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ
  • YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ
ユーザーによる投稿や企業によるプロモーションビデオなど、多数の映像コンテンツを配信するYouTube。親会社であるGoogleは、YouTubeコンテンツのトップ検索ワードを公開しました。

YouTubeトップ検索ワードは、Think with Googleの「ゲームコンテンツはニッチだと思う?(Think Gaming Content Is Niche?)」というレポートで明らかになったもの。同レポートではYouTubeで盛り上がるゲームコンテンツに焦点をあてて分析しています。


YouTubeでのトップ検索は、1位となる「Music」コンテンツの100%を基準に表されています。2位の『Minecraft』が75%と、3位の「Movies」を30%も上回る圧倒的な人気ぶりを発揮。全プラットフォーム累計で5000万本以上を売り上げた伝説級のインディータイトル『Minecraft』は、YouTubeにおいても驚くべき記録を残しています。

また、「ドレイク」や「ビヨンセ」といったミュージシャンに並び、7位にはトップYouTuberの「PewDiePie」がランクイン。YouTubeでゲームコンテンツがどれほどの影響力を持っているかがわかる結果となりました。

その他、レポートでは急成長を遂げているカテゴリとしてe-Sportsをあげ、プロスポーツと同様に有名な選手やファン、チームユニフォームやプレイオフなど、多くの要素を持っていると紹介しています。

Googleの調査によると、これらのコンテンツはゲーマーだけではなく一般視聴者も多く存在しているとのこと。また、視聴者の多くはクリエイターの「反応」や「解説」を求めていると伝えています。例えば、ゲーム下手な上にさほど興味のないコナン・オブライエンが贈る「Clueless Gamer」シリーズは、独特な解説と反応が人気を呼んでいるようです。

一種の娯楽コンテンツとして昇華しつつあるゲーム映像配信。いったいどれほどの成長を見せるのか、今後の展開に注目です。
《水京》

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. ポストアポカリプスローグライト『Infected Shelter』35分に及ぶ協力プレイを公開―ヘリやロボとの戦闘も

    ポストアポカリプスローグライト『Infected Shelter』35分に及ぶ協力プレイを公開―ヘリやロボとの戦闘も

  2. 『SteamWorld』シリーズのカードゲーム『SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech』海外向けローンチトレイラー公開

    『SteamWorld』シリーズのカードゲーム『SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech』海外向けローンチトレイラー公開

  3. 『Mortal Kombat 11』サブ・ゼロのかつての愛弟子「フロスト」参戦トレイラー!凍える師弟対決も

    『Mortal Kombat 11』サブ・ゼロのかつての愛弟子「フロスト」参戦トレイラー!凍える師弟対決も

  4. この素晴らしき世界…映画版「名探偵ピカチュウ」海外向け新映像!

  5. 『マインクラフト』にも恩恵が…!パストレーシング適用のリアルな自然光が降り注ぐプレイ映像

  6. 『Dead by Daylight』ゲーム終盤を盛り上げる「End Game Collapse」の情報が公開!

  7. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  8. 『RAGE 2』23分に及ぶゲームプレイが海外公開―ド派手な戦闘に空飛ぶ乗り物まで

  9. ラブドール製造修理シム『Plastic Love』ティーザー映像! お客様のニーズを満たす快楽の館

  10. 中国の『マインクラフト』ビルダーが作り上げたサイバーパンク都市が壮観…製作期間はおよそ1年!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top