【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る

家庭用ゲーム PlayStation 2

【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
  • 【海外ゲーマーの声】PlayStation 2生誕15周年!隠されたお宝ゲーと共に思い出を振り返る
2015年3月4日に生誕15周年を迎えたPlayStation 2。現代ではグラフィックや処理速度が進化した次世代機やPCでゲームを楽しむ方も多くいると思われますが、ゼロ年代のゲームカルチャーを支えてきたPS2には、数多くの「隠されたお宝ゲー」が眠っています。今回の記事では、海外フォーラムNeoGAFに投稿されたゲーマー達の声に迫ってみたいと思います。

    「PS2はとてつもない規模のライブラリーを持っている。議論の余地はないでしょう。しかしその規模は『Jak and Daxter』や『ファイナルファンタジーX』の為のものだ。『アルトネリコ』や『牧場物語 ハーベストムーン』はゲーマーが持つレーダーからすっかり抜け落ちている。」


    「沢山の人々がこのシリーズを見落としてるのは、ほとんど悲劇みたいなものだよ。」


    「私が『Robot Alchemic Drive(ギガンティックドライブ)』について投稿するようになってから13日が経ったよ。」


    「『Way of the Samurai(侍道)』『Way of the Samurai 2(侍道2)』はすっかり見過ごされているけど、素晴らしい作品だと思ってる。」


    「『RULE of ROSE』!ひどい操作性だが、個人的には素晴らしいストーリーテリングを備えたホラーゲームのひとつ。」


    「『Ribbit King』は今まで見たこともやったこともなかったような、強力な『マリオゴルフ』『みんなのGOLF』クローンだった。」

NeoGAFに投稿された「PS2 Hidden gems(プレステ2の隠れたお宝)」トピックでは、PS2が持つ膨大なサイズのライブラリと隠れた名作を振り返るユーザーの書き込みが多数投稿されています。この他には、初めて『Magic Pengel(ラクガキ王国)』をプレイしたときの思い出を語るゲーマーや『ギタルマン』などを挙げる方も。


    「このゲームを挙げるつもりだったが、あまりよく覚えていない。何年も前の話だし。」


    「いつも言ってるんだけど、全然新作が出てくれない。雰囲気も対戦も素敵だし、破壊的なのに戦闘システムはシンプルなんだ。『怪獣大激戦 War of the Monsters』続編、頼むよ。」


    「マジでびっくりさせられたゲームの一つ。多くの人達がこのゲームをプレイしていないことも知ってるけど、好きなんだ。」



    「新作『Giants: Citizen Kabuto』が見られるならいくらだって払えるよ。『武刃街 BUJINGAI』もいくつか問題を抱えてたけど、面白かった。」


    「またの名を『バンピートロット』。」
    「まさにこれを投稿するつもりでした!」
    「本当に興味深いゲームだけど、後半はあんまり良くなかった。導入部は最高に美しいと思ってるよ。Xbox 360/PS3版続編がキャンセルされたのは残念。」


    「“隠れたお宝”?それは……『スーパーギャルデリックアワー』だ!『DOA』と『American Gladiators』に毛皮を足して、酸液の中でかき混ぜたようなゲーム。フォトモードもあったし、クールだったな……」

リリースから数年~10年近く経ったゲームの続編を望むゲーマーも数多くいる模様です。また、「攻殻機動隊」や「どろろ」など版権物ゲームも登場。「キャラゲー」の原作要素だけでなく、プレイフィールに惹かれた海外ゲーマーも見られました。今ではプレイする為の障壁が高いタイトルも存在していますが、時には昔を振り返って過去の名作を遊んでみるのも、また一興と言えるのではないでしょうか。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

    PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  2. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

    『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  3. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

    『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  4. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  5. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  6. Xbox 360版『Modern Warfare 3』がXbox Oneの下位互換性機能に対応!

  7. 『CoD: WWII』新DLC“United Front”海外向け発表!スターリングラードなどが追加に

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 日本語吹替版『Ghost of Tsushima』ゲームプレイ映像―Masakoの裏切りの理由とは

  10. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

アクセスランキングをもっと見る

page top