HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明

先日お伝えした「HTCがVive向けに『Half-Life』の新タイトルまたは移植版を開発中」のニュースが、HTCのチェアウーマン、Cher Wang氏の過剰なリップサービスだったことがBBCに明かされました。

ニュース 発表
HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明
  • HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明

先日お伝えした「HTCがVive向けに『Half-Life』の新タイトルまたは移植版を開発中」のニュースが、HTCのチェアウーマン、Cher Wang氏の過剰なリップサービスだったことがBBCに明かされました。

多くのゲーマーの期待を煽ったVive版『Half-Life』の開発ニュースでしたが、同氏はスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress」でうっかり事実は異なる発言をしてしまったもののよう。ちなみにValveはその発表に驚いているようで、Valveにほど近い情報筋からは「実際にVR版の『Half-Life』は制作されていない」との声があるとしています。

Cher Wang氏はBBCに「BBCのインタビューで混乱を招いたことを謝罪しなければならない。特定のゲームの質問への返答の際に、ついValveの特定のゲームの制作を進めていると答えてしまった。私が言いたかったのは、Valveとの協力は次世代のゲームにおいて重要な経験となるということだ。」と謝罪しています。

また、「Valveと一緒に働けていることにとても興奮している。今年の終わりにはViveを市場に出せることを期待している。」と締めくくっています。

Source 2 Engine」が発表されたことで、にわかにHalf-Lifeの続編の発表が期待されていますが、実際にどんな形で最新作がリリースされるかも不明な状態は変わらずのままとなってしまいました。ファンのためにもValveからの朗報が待たれます。
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

    クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

  2. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

    『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  3. 『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

    『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

  4. 噂:Xbox Oneにディスクドライブレス新型が登場、既存パッケージ版のデジタル版への交換サービスも―海外メディア報道

  5. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  6. ゾンビサバイバル『DayZ』が400万本セールス達成―ベータ突入後にアクティブプレイヤー増加

  7. クリスマス限定版「NEOGEO mini」発売決定! 従来版を上回る48タイトル収録

  8. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  9. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

アクセスランキングをもっと見る

page top