HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明

ニュース 発表

HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明
  • HTCがVive版『Half-Life』を開発中だったのはリップサービスと判明

先日お伝えした「HTCがVive向けに『Half-Life』の新タイトルまたは移植版を開発中」のニュースが、HTCのチェアウーマン、Cher Wang氏の過剰なリップサービスだったことがBBCに明かされました。

多くのゲーマーの期待を煽ったVive版『Half-Life』の開発ニュースでしたが、同氏はスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress」でうっかり事実は異なる発言をしてしまったもののよう。ちなみにValveはその発表に驚いているようで、Valveにほど近い情報筋からは「実際にVR版の『Half-Life』は制作されていない」との声があるとしています。

Cher Wang氏はBBCに「BBCのインタビューで混乱を招いたことを謝罪しなければならない。特定のゲームの質問への返答の際に、ついValveの特定のゲームの制作を進めていると答えてしまった。私が言いたかったのは、Valveとの協力は次世代のゲームにおいて重要な経験となるということだ。」と謝罪しています。

また、「Valveと一緒に働けていることにとても興奮している。今年の終わりにはViveを市場に出せることを期待している。」と締めくくっています。

Source 2 Engine」が発表されたことで、にわかにHalf-Lifeの続編の発表が期待されていますが、実際にどんな形で最新作がリリースされるかも不明な状態は変わらずのままとなってしまいました。ファンのためにもValveからの朗報が待たれます。
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  2. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  3. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

    「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  4. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  5. iOS版『フォートナイト』配信から3か月でおよそ110億円の収益に到達

  6. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  7. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  8. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

  9. E3 2018で最もツイート数が多かった統計情報をTwitter社が公開ー新作『スマブラ』が話題をリード!

  10. どこでもプレジデンテ! 独裁国家経営シム『トロピコ』のiPad版が海外発表

アクセスランキングをもっと見る

page top