PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作

ゲーム文化 インディーゲーム

PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作
  • PAX East会場で『Downwell』をプレイ!―若き日本人開発者の野心作

開発者のもっぴん氏。GDCが終わった直後にPAX East会場に駆けつけたそう。

日本人が手がけた作品としては初めて、インディーゲーム祭典IGF 2015の学生部門でファイナリストに選出された、PC/iOS/Android向け2Dプラットフォーマー『Downwell(ダウンウェル)』。PAX East 2015のインディーメガブースにて本作が展示されていたのでチェックしてきました。


ブースは大盛況。流暢な英語で来場者にゲーム内容を説明するMoppin氏。

『Downwell』は、若き日本人クリエイターOjiro Fumoto氏(もっぴん氏)がたったひとりで開発を進めており、『Hotline Miami』などで知られるインディー系最大手のDevolver Digitalがパブリッシャーに名乗りを上げています。今回のPAX East 2015では、Devolverブースではなく単独ブースでの展示。ゲームパッドでプレイできるPC版と、スマホ版の両方が遊べるようになっていました。



本作はそのタイトル名の通り、「井戸」をひらすら落下していくゲーム。プレイヤーキャラは、左右の移動に加え、ボタン入力でブーツから下方向に銃を連射でき、行く手をさえぎる敵や障害物のブロックを破壊しながら進んでいきます。また攻撃すると落下速度に抵抗がかかるため、着地位置の微調整が可能。スマホアプリのランナー系ゲームの雰囲気もありつつ、縦シューティング的な一面も備えるという、ありそうでなかった独特のプレイフィールを持っています。


iOSバージョンもプレイアブル。

マシンガンブーツには、ゲームスタート時は9回までの使用回数制限があり、地面に着地するたびに一瞬でリロードされます。乱発するといざという時に回避や攻撃ができなくなるので、テンポよく落下と着地を繰り返すのが理想のようですが、下手くそな筆者はすぐにダメージを受けてしまい、ステージ1をクリアするのがやっとでした。

本作には、敵を倒して宝石(通貨)を集め、道中のショップでアイテムを買ったり、ステージクリア時にプレイヤーの能力をアップグレードしていけるローグライク風の要素も感じられ、モノクロと赤のみで描かれた2Dグラフィックと粗っぽいサウンドエフェクトもあいまって、もういちどプレイしたくなる中毒性がありました。


手前は今回初公開だという本作のアートワーク。

もっぴん氏に話を聞くと、現時点では2015年7月頃のリリースを目標にしていて、こうした作品では一般的なスタミナ・アイテム課金ではなく、300円程度の買いきりモデルを検討中なのだとか。筆者がプレイした限り、すでに製品版といってもおかしくない出来に仕上がっていましたが、リリースに向けて、アイテムや敵を種類をさらに増やして完成度を高めていくということです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

    暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

  2. gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

    gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

  3. 「死霊のはらわた」はまだ終わらない?ブルース・キャンベルが新作ビデオゲームの発売を示唆

    「死霊のはらわた」はまだ終わらない?ブルース・キャンベルが新作ビデオゲームの発売を示唆

  4. Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】

  5. 声優・石塚運昇さん死去―アニメ『ポケモン』『バイオショック』『CoD:MW3』など

  6. DONTNOD手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』のTVシリーズ化が決定!

  7. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  8. すべてが謎のPS4新作『Project Mephisto』も選出!「gamescom award 2018」ノミネート作品発表

  9. まるでSF映画?『オーバーウォッチ』リアルタイムにアドバイスをくれる外部ツール「Visor」登場!

  10. 懐かしさ溢れる!PS4向け“初代”風非公式カスタムテーマ映像―歴代PS販売5億台記念

アクセスランキングをもっと見る

page top