売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは

先日、Paradoxより50万本を売り上げたと発表された都市開発シム『Cities: Skylines』。海外メディアPCgamerが本作を開発したColossal OrderのCEO Mariina Hallikainen氏にインタビューを実施し、開発の経緯などが語られました。

ニュース ゲーム業界
売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
  • 売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
先日、Paradoxより50万本を売り上げたと発表された都市開発シム『Cities: Skylines』。海外メディアPCgamerが本作を開発したColossal OrderのCEO Mariina Hallikainen氏にインタビューを実施し、開発の経緯などが語られました。

2009年の設立当初からシティービルダージャンルのゲーム開発を目指していたColossal Order。当時の開発スタッフは5人しかおらず、そうしたゲーム開発を実行することが出来なかったとのこと。また、Hallikainen氏は、同社が『SimCity 4』を常に基準点として考えており、『Cities』シリーズがシティビルダージャンルとして『SimCity』をベースとしていることを明かしました。

一方で、『Cities』シリーズが『SimCity』のチープなコピーと思われることを非常に恐れており、それが少しだけ困難なタスクを生じさせたと語っています。

Hallikainen氏は、『SimCity』(2013)が発表された時、同種のジャンルのゲームを作るためにParadoxを説得する手段が無く、代わりにSteam Greenlightを利用したと語り、その後に『SimCity』(2013)が「つまづいた」ことが、Paradoxに開発を決定させる後押しになったと明かしています。

その他、インタビューではModコミュニティの盛り上がりや、元Maxisの開発者が『Cities: Skylines』のModを作成していることなどについて語られています。

今なお、Steam販売ランクでトップを維持している『Cities: Skylines』。ポスト『SimCity』としてその地位を確立できるのか、今後の展開に注目が寄せられそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

    『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  2. 『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ

    『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ"踊り子"、プレイヤー種族"ロスガル"など新要素が続々―新レイドも

  3. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  4. 『ファイプロ ワールド』SUDA51手がけるDLCシナリオの配信が決定!あの衝撃が再び…?

  5. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  8. 『シェンムー3』最新日本語フルボイストレイラー公開!バトルシーンもお披露目

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

アクセスランキングをもっと見る

1
page top