売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは

ニュース ゲーム業界

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
  • 売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
先日、Paradoxより50万本を売り上げたと発表された都市開発シム『Cities: Skylines』。海外メディアPCgamerが本作を開発したColossal OrderのCEO Mariina Hallikainen氏にインタビューを実施し、開発の経緯などが語られました。

2009年の設立当初からシティービルダージャンルのゲーム開発を目指していたColossal Order。当時の開発スタッフは5人しかおらず、そうしたゲーム開発を実行することが出来なかったとのこと。また、Hallikainen氏は、同社が『SimCity 4』を常に基準点として考えており、『Cities』シリーズがシティビルダージャンルとして『SimCity』をベースとしていることを明かしました。

一方で、『Cities』シリーズが『SimCity』のチープなコピーと思われることを非常に恐れており、それが少しだけ困難なタスクを生じさせたと語っています。

Hallikainen氏は、『SimCity』(2013)が発表された時、同種のジャンルのゲームを作るためにParadoxを説得する手段が無く、代わりにSteam Greenlightを利用したと語り、その後に『SimCity』(2013)が「つまづいた」ことが、Paradoxに開発を決定させる後押しになったと明かしています。

その他、インタビューではModコミュニティの盛り上がりや、元Maxisの開発者が『Cities: Skylines』のModを作成していることなどについて語られています。

今なお、Steam販売ランクでトップを維持している『Cities: Skylines』。ポスト『SimCity』としてその地位を確立できるのか、今後の展開に注目が寄せられそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

    噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  2. 噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

    噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

  3. 映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

    映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

  4. 宮本茂のWii U作品『Project Giant Robot』開発中止―海外報道

  5. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  6. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  7. EVGAとも提携!『PC Building Simulator』最新トレイラー

  8. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

  9. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  10. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

アクセスランキングをもっと見る

page top