売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは

ニュース ゲーム業界

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
  • 売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
先日、Paradoxより50万本を売り上げたと発表された都市開発シム『Cities: Skylines』。海外メディアPCgamerが本作を開発したColossal OrderのCEO Mariina Hallikainen氏にインタビューを実施し、開発の経緯などが語られました。

2009年の設立当初からシティービルダージャンルのゲーム開発を目指していたColossal Order。当時の開発スタッフは5人しかおらず、そうしたゲーム開発を実行することが出来なかったとのこと。また、Hallikainen氏は、同社が『SimCity 4』を常に基準点として考えており、『Cities』シリーズがシティビルダージャンルとして『SimCity』をベースとしていることを明かしました。

一方で、『Cities』シリーズが『SimCity』のチープなコピーと思われることを非常に恐れており、それが少しだけ困難なタスクを生じさせたと語っています。

Hallikainen氏は、『SimCity』(2013)が発表された時、同種のジャンルのゲームを作るためにParadoxを説得する手段が無く、代わりにSteam Greenlightを利用したと語り、その後に『SimCity』(2013)が「つまづいた」ことが、Paradoxに開発を決定させる後押しになったと明かしています。

その他、インタビューではModコミュニティの盛り上がりや、元Maxisの開発者が『Cities: Skylines』のModを作成していることなどについて語られています。

今なお、Steam販売ランクでトップを維持している『Cities: Skylines』。ポスト『SimCity』としてその地位を確立できるのか、今後の展開に注目が寄せられそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  5. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  6. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  7. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top