売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは

ニュース ゲーム業界

売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
  • 売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは
先日、Paradoxより50万本を売り上げたと発表された都市開発シム『Cities: Skylines』。海外メディアPCgamerが本作を開発したColossal OrderのCEO Mariina Hallikainen氏にインタビューを実施し、開発の経緯などが語られました。

2009年の設立当初からシティービルダージャンルのゲーム開発を目指していたColossal Order。当時の開発スタッフは5人しかおらず、そうしたゲーム開発を実行することが出来なかったとのこと。また、Hallikainen氏は、同社が『SimCity 4』を常に基準点として考えており、『Cities』シリーズがシティビルダージャンルとして『SimCity』をベースとしていることを明かしました。

一方で、『Cities』シリーズが『SimCity』のチープなコピーと思われることを非常に恐れており、それが少しだけ困難なタスクを生じさせたと語っています。

Hallikainen氏は、『SimCity』(2013)が発表された時、同種のジャンルのゲームを作るためにParadoxを説得する手段が無く、代わりにSteam Greenlightを利用したと語り、その後に『SimCity』(2013)が「つまづいた」ことが、Paradoxに開発を決定させる後押しになったと明かしています。

その他、インタビューではModコミュニティの盛り上がりや、元Maxisの開発者が『Cities: Skylines』のModを作成していることなどについて語られています。

今なお、Steam販売ランクでトップを維持している『Cities: Skylines』。ポスト『SimCity』としてその地位を確立できるのか、今後の展開に注目が寄せられそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  2. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  3. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

    「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  4. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  5. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  6. iOS版『フォートナイト』配信から3か月でおよそ110億円の収益に到達

  7. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  8. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

  9. どこでもプレジデンテ! 独裁国家経営シム『トロピコ』のiPad版が海外発表

  10. E3 2018で最もツイート数が多かった統計情報をTwitter社が公開ー新作『スマブラ』が話題をリード!

アクセスランキングをもっと見る

page top