【注意】マルウェアを仕込んだ偽のSteam Greenlightページ作成事例が複数報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【注意】マルウェアを仕込んだ偽のSteam Greenlightページ作成事例が複数報告

Ghost in a Bottleが制作するサイケデリックアドベンチャーゲームの『Octopus City Blues』が、マルウェアの隠れ蓑として先週末に利用されていたことが判明しました。

PC Windows
【注意】マルウェアを仕込んだ偽のSteam Greenlightページ作成事例が複数報告
  • 【注意】マルウェアを仕込んだ偽のSteam Greenlightページ作成事例が複数報告
何者かがSteam Greenlightページを偽装し、その中にマルウェアや悪質な実行ファイルのダウンロードリンクを仕込ませるという事例が複数報告されていることが、海外メディアの報道から明らかになりました。

被害を受けたのはGhost in a Bottleが制作するサイケデリックアドベンチャーゲームの『Octopus City Blues』。ゲームタイトルの名前、説明文、スクリーンショットなど全ての情報が丸ごと転載され、ダウンロード先のリンクをマルウェアに変更したページが制作されており、バージョンアップされたデモに見せかけられていたとのこと。隠れ蓑とされたタイトルのものをそのまま全て利用しており、今回のケースではデベロッパーのアイコンが少し異なっていただけとしています(当該のページは既にValveに削除されています)。

「デベロッパーが即座にValveに通報し、ファンに対しても通報をするよう呼びかけたものの、偽ページに注意を促すコメントがいくつか投稿されるまでValveは削除しなかった」とデベロッパーは米KotakuにEメールで答えています。正規版との大きな違いはダウンロードリンクがマルウェアをダウンロードさせるサイトになっているということのみ。

同様にHellconXが制作する『Garlock Online』がパブリックベータテストの宣伝に見せかけたマルウェアがSteam Workshopにアップロードされる、XD Studiosが制作する『Street Fist 2』のデモ版が外部アップローダーにアップロードされるも「偽物のため無視して欲しい」という告知がデベロッパーから出されるなど、類似した様々な事件が発生しています。

3月にもSteam Greenlightで同じ内容のページが作成され「ベータバージョンはこちら」という文章とリンクが貼られたものがあったと、Polygonでも取り上げられています。この場合は、偽ページを作ったユーザーが登録費用の100ドルを支払ったということになりますが…。

Steamでインディーゲームやユーザーが制作したMODなどが気軽にダウンロード可能になりましたが、今後はダウンロードをする前に、問題のないファイルかどうかを確かめなければならないのかもしれません。ValveのSteam Greenlightにおける投稿方法も、ユーザーやデベロッパー側からの意見や要望を取り入れたものに早急に変更することが望まれます。
《kuma》
kuma

kuma

作詞家/作編曲家/元Esports競技勢。FPS、アクションRPG、シミュレーター系が主食。ハードウェア・ソフトウェアレビュー、インタビューなどをやっています。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『S.T.A.L.K.E.R.』インスパイアのサバイバルシューター『ZERO Sievert』11月22日早期アクセス開始!期間限定で最新デモを配信中

    『S.T.A.L.K.E.R.』インスパイアのサバイバルシューター『ZERO Sievert』11月22日早期アクセス開始!期間限定で最新デモを配信中

  2. 『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

    『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

  3. 初代『オーバーウォッチ』のサーバーが停止、10月5日から“2”となって再開予定!

    初代『オーバーウォッチ』のサーバーが停止、10月5日から“2”となって再開予定!

  4. 大海原を探検するだけじゃない!航海ストラテジーADV『Sailing Era』Steamストアページ公開

  5. 最大40人+αの集団戦!1人称ダンジョン探索『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』Steam配信が2023年2月15日に決定

  6. 異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

  7. 総プレイ時間は約5億時間超え!配信やSNSが人気の支えか―『New World』が1周年記念で統計情報を公開

  8. 『KOF XV』DLCキャラクター「覇王丸」「ナコルル」「ダーリィ・ダガー」追加を含む最新アップデート配信

  9. 『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

  10. 『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top