噂: 『BFH』のVisceral GamesボスSteve Papoutsis氏が退任 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 『BFH』のVisceral GamesボスSteve Papoutsis氏が退任

先日リリースされた『Battlefield Hardline』や『Dead Space』シリーズを手がけるEAの開発スタジオVisceral Games。同スタジオのゼネラルマネージャーを務めていたSteve Papoutsis氏がEAを退社したと海外大手メディアKotakuが報告しました。

ニュース
噂: 『BFH』のVisceral GamesボスSteve Papoutsis氏が退任
  • 噂: 『BFH』のVisceral GamesボスSteve Papoutsis氏が退任
『Dead Space』シリーズや先日リリースされた『Battlefield Hardline』を手がけるEAの開発スタジオVisceral Games。同スタジオのゼネラルマネージャーを務めていたSteve Papoutsis氏がEAを退社したと海外メディアKotakuが報告しました。

Papoutsis氏は、EAに約15年間勤めている人物。Visceral Gamesでは『Dead Space』シリーズや『Battlefield Hardline』などでエグゼクティブ・プロデューサーを務めていました。

Kotakuの報告によると、EAより「Steveの多くの貢献に感謝し、彼の幸運を祈ります」とのコメントを得たとのこと。後任にはEAの会長Larry Probst氏の息子で、『Battlefield Hardline』でシニアプロデューサーを務めたScott Probst氏が就くと報告しています。

また、複数の海外メディアに送られたEAのコメントでは、Visceral Gamesは『Battlefield Hardline』の拡張パックの他、新たな開発プロジェクトを含む、ゲームコンテンツに焦点を当て続けていくと伝えています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

    『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

  2. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  3. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  4. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  5. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  6. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  7. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行

  10. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

アクセスランキングをもっと見る

page top