『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明

任天堂は、Wii Uソフト『ゼノブレイドクロス』のドールおよびネットワークに関する情報を公開しました。

家庭用ゲーム Wii U
『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明
  • 『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明
  • 『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明
  • 『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明
  • 『ゼノブレイドクロス』カスタマイズ要素が胸アツな「ドール」詳細やネットワーク機能が判明
任天堂は、Wii Uソフト『ゼノブレイドクロス』のドールおよびネットワークに関する情報を公開しました。

これまで「世界観・探索編」「戦闘編」の紹介映像が公開されてきましたが、先日「ドール・ネットワーク編」が新たに公開。この映像では、本作の世界での開拓・探査・戦闘に欠かすことのできない「ドール」と、ネットワークを活用した機能についての解説が行われました。

◆ドールのタイプ
ドールは「ライトタイプ」「ミドルタイプ」「ヘヴィタイプ」の3つに大別されています。「ライトタイプ」は回避率が高い分HPが低く設定されており、「ヘヴィタイプ」はその逆で防御力に優れているだけテクニックが必要になるとか。そして「ミドルタイプ」はその中間でバランスが良い機体となっています。誰をどのタイプのドールに乗せるかなどは自由に設定することが可能です。

また、全てのドールは「車両形態」に変形させることが可能です。「車両形態」にも様々なタイプが存在し、小回りの効く二輪、安定感のある四輪、その他にも履帯や四脚など多種多様なタイプが存在します。さらに地上だけではなく、フライトパックを開発することにより空を自由に移動することが出来るようになります。

ドールはブレイドエリアのショップで購入が可能。1機は大変高額なものの、資金さえあれば何機でも保有することが出来ます。

◆ドールのカスタマイズ


ドールは移動や探索だけでなく、戦闘でも大きな力を発揮します。ドールでの戦闘では、生身の戦闘と同じく「オートアタック」と「アーツ」を使って攻撃を行いますが、装備している武器によってその攻撃内容が変化します。

またドールには、オートアタック用に左右手の「ハンドウェポン」、アーツ用に左右腕の「アームウェポン」、左右膝の「スペアウェポン」、左右背中の「バックウェポン」、左右肩の「ショルダーウェポン」など、武器を装備するためのスロットがいくつか存在、左右別々のものを装備可能に。それぞれ、アームウェポンは強化やシールドといった補助用、スペアウェポンは低威力なもののリキャスト時間が短いなどの特徴があります。特に威力の優れているバックウェポンとショルダーウェポンは、それぞれ右が大威力、左が補助用といったものが多く、また左右のスロットを両方使用する強力な武器などもあるということです。ドールの武器も本体と同じくショップでの購入が可能です。

また、中にはショップでの購入が不可能な「超兵器」という分類の装備も存在。こちらは設計図を手に入れた後生産することで入手が可能になります。この「超兵器」は使用スロット数が多いものの、凄まじい威力を誇ります。

そのほか、ドールはパーツ単位でカラーリングや質感を設定することができ、機体名も自分の好きな名前をつけることが可能となっています。

◆ドールフューエル


ドールには「燃費」の概念が存在します。アーツの消費にも燃料が必要になるため、強力なアーツばかり使用していると燃料切れに陥ることも。飛行にも燃料を消費し、飛行中に燃料切れになると墜落してしまいます。

燃料はドールから降りていれば自動で回復するほか、ミラニウムを消費することでも回復させることが出来ます。ただし、ミラニウムは貴重なため良く考えて補給する必要があります。

◆ドールの戦闘
■キャッチ
生身でのバトル同様にドールでの戦闘にも戦術があります。生身では「崩し」から「転倒」が基本になっていましたが、ドールでの戦闘は「崩し」からの「キャッチ」が重要に。キャッチ状態に陥った敵は行動不能になるうえ、こちらからの攻撃が全てヒットするなど戦闘を有利に進めることが可能になります。画面に表示されるアイコンに合わせてタイミングよくBボタンを押せばキャッチ時間を延長させることも可能です。

■コックピットモード
アーツ使用中、稀に「コックピットモード」が発生することがあります。コックピットモード中は画面がコックピット視点になり、リキャスト中のアーツが瞬時に使用可能に。発生はランダムとなっています。

■オーバークロックギア
生身同様、オーバークロックギア状態では与えるダメージが大幅に向上します。また、ドールでは機体の種類ごとにさまざまな追加効果が発生。リキャスト時間の短縮や会心率アップといった様々なものが用意されているということです。オーバークロックギア発動中は燃料消費が止まるため、強力なアーツも使い放題となります。

◆ドールのダメージ
■ドール保険
ドールはダメージを受け続けると撃墜されてしまいます。しかし、初回から3回までは「保険」が適用され、無料で修復が行われます。4回目以降は保険適用外となり、ドールの修復には多額の費用が必要になります。

■ドールディフェンス
ドールは、生身の仲間の分攻撃を受けてくれるのでチーム全体の防御力が向上します。また、仲間にいるドールの数だけ生身の仲間の防御力も上昇。ドールが3機いれば生身の仲間の防御力もほぼドール並になります。

■ドールスーツ
「ドールスーツ」は生身の防御力が低い分、ドールに乗った際に性能アップの効果が現れる防具です。ドールでしか戦わないというメンバーに有効な装備となっています。

◆ネットワーク
■スカウト
ネットワークに接続していると、ブレイド本部やフィールド上の何処かで他のブレイドメンバーに出会うことが出来ます。話しかけることでチームにスカウトし仲間に加える事が可能になります。

■スコード
スコードは32名のブレイドからなる分隊であり、オンライン上の仲間でもあります。ブレイドレポートとよばれる情報発信を行うこともでき、スコード内で共有することも可能です。

情報は「評価」することもでき、評価の高いレポートはスコード内のみならず惑星ミラのブレイド全体で共有されるようにもなります。また、スコード内で装備品をやりとりすることも可能で、戦闘で手に入れた装備をトレジャーディールに出すことで欲しいと思う仲間を募集することができます。希望者が複数になった場合は抽選になるということ。

さらに、スコードのメンバー共同で行うミッションなどもあり、スコード内のメンバーはバラバラでありながらそれぞれがゆるやかに繋がっています。

■スコードクエスト
スコードミッションのうちどれか一つをクリアすることにより、スコード内の特定の4人で挑むスコードクエストを受けることが出来るようになります。これらをクリアしていくことにより討伐開拓度が上昇。また、開拓を進めていくことによりオーバードよりも強力な「ワールドエネミー」を呼び起こしてしまうこともあります。定期的に出現するワールドエネミーなども存在するとのことです。

■ユニオングラム
「ユニオングラム」はブレイド隊員が所属する8つの「ユニオン」のうち、何処が活躍しているかを見ることの出来るシステムです。評価されるためには各ユニオン毎に設定されている推奨活動を進める必要があります。

■ランキング
タイムアタックやダメージ数など多種多様な項目で「ランキング」が設定されています。時には思わぬ項目で自分がランクインしていることもあるようなので欠かさずチェックしましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆




『ゼノブレイドクロス』は、2015年4月29日発売予定。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに7,700円(税抜)です。

※記事提供元: インサイド

(C)2015 Nintendo / MONOLITHSOFT
《etu.》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「Xbox Series X」のさらなる詳細を公開!次世代のゲームに期待できることは?

    「Xbox Series X」のさらなる詳細を公開!次世代のゲームに期待できることは?

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 【プレイレポ】『侍道外伝 KATANAKAMI』ハクスラに生まれ変わって借金返済をする『侍道』シリーズ外伝最新作

  5. ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

  6. 『侍道外伝 KATANAKAMI』シリーズお馴染みの「先生」も登場決定!謎のフロアや新キャラクターなど、発売開始に伴い新情報が一挙公開

  7. 『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

  8. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  9. 高評価サイバーパンクACT『RUINER』のニンテンドースイッチ版がまもなく登場!

  10. 【吉田輝和の絵日記】懐かしの超名作アクション『ロックマンX アニバーサリー コレクション』に大興奮祭り!

アクセスランキングをもっと見る

page top