『Guild Wars 2』のチーターに運営が激烈処分―全裸で投身し、キャラ削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Guild Wars 2』のチーターに運営が激烈処分―全裸で投身し、キャラ削除

ArenaNetが贈るMMORPG『Guild Wars 2』。本作のセキュリティ担当者が、悪質なチーターアカウントに行った対応が注目を集めています。

PC Windows
『Guild Wars 2』のチーターに運営が激烈処分―全裸で投身し、キャラ削除
  • 『Guild Wars 2』のチーターに運営が激烈処分―全裸で投身し、キャラ削除
ArenaNetが贈るMMORPG『Guild Wars 2』。本作のセキュリティ担当者が、悪質なチーターアカウントに行った対応が注目を集めています。

発端は公式フォーラムのチート行為の関する議論が行われているスレッド。このスレッドにチート行為の証拠を記録した映像へのリンクが貼られ、「運営者はどのような対応をするのか」といった議論が行われていました。


チート行為の証拠映像

証拠映像が示された1日後、セキュリティ担当者のChris Cleary氏がスレッドに登場し、「犯人を追跡するにあたり、その映像が証拠として十分だ。」とコメント。続けて「映像のおかげで見つけたので、私も彼のアカウントの最後の映像をお届けします」と延べ、チーターアカウントの末路を記録した映像へのリンクを記しました。


映像では、装備を全て剥ぎ取られ、高所から飛び降りて死亡した挙句にキャラクターが削除される様子を記録。加えて、Chris Cleary氏は「ああ、彼のアカウントはBANされてるよ」と処分したことを明らかにしています。

この対応にユーザーは「どうせ10ドル払って別のアカウントで帰ってくる」とコメント。対してCleary氏は「この1つのアカウントだけを禁止したと言った覚えはないよ」と返答しており、詳細は明らかではないものの、広い範囲で処分をしたことを示唆しました。

大胆な処分を行ったCleary氏の対応に、多くの賞賛の声があがっています。一方で、サービス運営者がユーザーのアカウントにログインし、キャラクターを削除する行為を問題視するコメントも見受けられ、その是非に対して議論が行われています。

同氏の対応が正しかったかどうかは別として、今まで楽しいゲームプレイを妨害され続けたユーザーのストレスが、少しは解消されたのではないでしょうか。
《水京》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 日本向け販売中止の『The Callisto Protocol』発売―予約購入者の中には起動可能との声も

    日本向け販売中止の『The Callisto Protocol』発売―予約購入者の中には起動可能との声も

  2. ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

    ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

  3. オープンワールドサバイバル『Rooted』がアルファテスト応募者を募集中―荒廃した細菌戦争後の世界を体験せよ

    オープンワールドサバイバル『Rooted』がアルファテスト応募者を募集中―荒廃した細菌戦争後の世界を体験せよ

  4. 鈴木一也氏と増子津可燦氏によるダークファンタジーノベル『十三月のふたり姫』配信開始!【ILE2022Winter】

  5. 不気味な島で起こる死のループ…選択式実写ホラーADV『黄泉~悪夢のアイランド~』Steamで早期アクセス開始

  6. Steamでも『戦え原始人』!『Joe & Mac: Caveman Ninja』ジョーとマックがリメイクで帰ってきた

  7. 2013年発売PC版『Saints Row IV』の「Re-Elected」無料アップグレード&クロスプレイ化発表!12月9日EGSでの本編無料配布にあわせ実施

  8. リアルタイムダンジョン生成型ローグライクACT『MISTROGUE』正式タイトル決定―新ティザームービー&キービジュアル公開

  9. 『VALORANT』マッププール変更でコンペ&アンレに「スプリット」復帰予定―“プレイ環境を不健全にしている”チェンバーの変更も

  10. クラス設定で個性豊かなパーティ編成も可能!『ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター』登場キャラクターの紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top