『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!

ニュース 発表

『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!
  • 『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!
  • 『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!
  • 『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!
  • 『Civilization: Beyond Earth』拡張「Rising Tide」が発表―新たな開拓場所は広大な海!

2K及びFiraxis Gamesは、昨年リリースされたターンベースストラテジー『Sid Meier's Civilization: Beyond Earth』の拡張パック、「Rising Tide」を発表しました。


『Civilization: Beyond Earth』はSci-Fiテーマでエイリアンが棲む地球外の惑星を舞台にしていましたが、「Rising Tide」においてもその世界観を継承。そして広大な海を新たな開拓場所として描いています。

  • 浮遊する植民地を建設し、エイリアン世界の海の下に隠された天然資源にアクセス。ユニークな能力を持つエイリアンの水生獣は、独特な方法でプレイヤーに挑む。

  • 変化する外交関係、同盟国へのテコ入れ、政治資金を含めた全て。特性のアップグレードによって外交の展望を形作る。

  • 変化する世界に応じて異なる組み合わせを活性化しながら、外交特性の動的なセットをアンロック。

  • 裕福で快活な中東出身の遊牧民探検家グループ“Al Falah”を含む4つの新しい勢力。

  • ハイブリッドなアフィニティーユニットをアンロック、アップグレードするために、複数のアフィニティに投資。

  • 新たなアーティファクトシステムによって、エイリアンの遺物を収集・結合し、強力な恩恵を獲得。

  • 火山活動がおびただしい野生の原始世界、混沌とした景観を示す形成途中の新世界。2つの新しいバイオーム。


プレイスペースを劇的に拡張する新たな海上ゲームプレイが楽しめる他、外交システムもオーバーホールされているという「Rising Tide」。開発は本編に続いてFiraxis Gamesが担当し、PCを対象に29.99ドルで2015年秋リリース予定です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  2. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

    シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

  3. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

    シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  4. 噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

  5. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

  6. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  7. 『バトルフィールドV』にはCo-opも実装!“Combined Arms”発表

  8. シリーズ最新作『バトルフィールドV』にはシングルモードも搭載!複数の視点から戦場描く

  9. 大人向けADVシリーズ最新作『Leisure Suit Larry - Wet Dreams Don't Dry』発表!

  10. 噂:次期PlayStationはRyzen使用?ソニープログラマーがオープンソースコンパイラのRyzen対応整備を実施か

アクセスランキングをもっと見る

page top