Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に

ニュース 発表

Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
  • Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
  • Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
Take-Two Interactiveは2015年度第4四半期決算資料を公開し、その純利益が17億ドルへ上ったと報告しました。

昨年度には24億円の収益をあげていたものの、同社が公開した2015年度決算報告書類の中では17億ドルの収益について「強力な純利益」と伝えられています。この数字の達成はRockstar Games開発の『Grand Theft Auto V』及び『Grand Theft Auto Online』による力が大きな理由とされており、PS3/Xbox 360やPS4/Xbox Oneの次世代機版、そしてPC版の販売において5200万セールス近くを売り上げていると語られています。

その他には『NBA 2K15』『WWE 2K15』と言ったスポーツタイトルのほか、『Evolve』や『Borderlands: The Pre-Sequel』の販売成績も「強力な純利益」へと繋がる理由となった模様。同社CEO Strauss Zelnick氏からは、「予想を超えたこの非GAAP利益は、Take-Two Interactiveの年間成績の中でもベストなものに切迫しています」とのコメントも伝えられています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  4. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  5. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. 『NieR:Automata』世界累計出荷&ダウンロード販売本数200万本突破!

  8. ハードコアCo-opホラーFPS『GTFO』海外発表―元『PAYDAY』開発者新作

  9. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  10. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

アクセスランキングをもっと見る

page top