Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に

ニュース 発表

Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
  • Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
  • Take-Twoが『GTA V』5200万に迫る販売報告、昨年度に劣るも「強力な合計純利益」に
Take-Two Interactiveは2015年度第4四半期決算資料を公開し、その純利益が17億ドルへ上ったと報告しました。

昨年度には24億円の収益をあげていたものの、同社が公開した2015年度決算報告書類の中では17億ドルの収益について「強力な純利益」と伝えられています。この数字の達成はRockstar Games開発の『Grand Theft Auto V』及び『Grand Theft Auto Online』による力が大きな理由とされており、PS3/Xbox 360やPS4/Xbox Oneの次世代機版、そしてPC版の販売において5200万セールス近くを売り上げていると語られています。

その他には『NBA 2K15』『WWE 2K15』と言ったスポーツタイトルのほか、『Evolve』や『Borderlands: The Pre-Sequel』の販売成績も「強力な純利益」へと繋がる理由となった模様。同社CEO Strauss Zelnick氏からは、「予想を超えたこの非GAAP利益は、Take-Two Interactiveの年間成績の中でもベストなものに切迫しています」とのコメントも伝えられています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 伝説の人面生物育成ゲーム『シーマン』の新プロジェクトが始動!?―「シーマン人工知能研究所」開設

    伝説の人面生物育成ゲーム『シーマン』の新プロジェクトが始動!?―「シーマン人工知能研究所」開設

  2. CDPRが2017年Q1業績を報告、『ウィッチャー3』収益は前年比よりも上昇―『Cyberpunk 2077』プロモ計画も

    CDPRが2017年Q1業績を報告、『ウィッチャー3』収益は前年比よりも上昇―『Cyberpunk 2077』プロモ計画も

  3. ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

    ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

  4. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  5. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  6. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  7. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  8. PS4向けに発表されていた『RiME』のPC/X1/Switch版が伯レーティング機関に登録

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

アクセスランキングをもっと見る

page top