132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚

1985年12月にゲームセンターに登場したセガの大型体感ゲーム『スペースハリアー』の30周年を祝う、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が先日5月24日の同人誌即売会ゲームレジェンド22にてリリースされ、

ゲーム文化 カルチャー
132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚
  • 132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚
  • 132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚
  • 132ページのラブレター、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が超濃厚

1985年12月にゲームセンターに登場したセガの大型体感ゲーム『スペースハリアー』の30周年を祝う、ファンメイドの冊子「スペースハリアーの30年」が先日5月24日の同人誌即売会ゲームレジェンド22にてリリースされ、その『スペハリ』愛あふれる内容が話題となっています。

この冊子を制作したのは、2000年代前半から『スペースハリアー』のファンサイト“Get Ready”を運営するPinさん。スペースハリアーの30周年となる今年にファンとして何かできることは無いのか? と本誌の企画を立案。ファンサイト運営を通じて出来た『スペハリ』移植作および関連グッズのコレクターや、アーケード版のムービング筐体を個人所有するファン、当時のセガサウンドを担ったSSTバンドのファンなど、非常に熱量の高い『スペハリ』ファンに声をかけ、本誌を編纂されたそうです。



本誌の内容は、ムービング筐体のレストア記、国内、海外の移植作のレビュー、サウンド全曲解説、mz-700版の開発者、古旗氏の移植話、当時の数少ないゲーム専門誌Beepの元ライターによる思い出話など『スペースハリアー』に関する情報が、全132ページにぎっしり詰まっています。



この冊子の位置づけは『スペースハリアー』の研究本であり、引用の範囲内で編纂されたものと制作者は表明しています。時の流れとともに薄れゆくゲーム作品の魅力を、在野のファンたちが集まり伝承しようとする。ゲームを文化として残すひとつの形を本誌「スペースハリアーの30年」から感じてみてはいかがでしょうか。
UPDATE: タイトルの誤字を訂正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《DOG COMIC》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ゲーマーが『Portal 2』「Column Blocker」ステージの“ポータル未使用クリア”に初成功!

    海外ゲーマーが『Portal 2』「Column Blocker」ステージの“ポータル未使用クリア”に初成功!

  2. 海外ファミコン「NES」とブラウン管テレビを再現した大人のレゴ「LEGO Nintendo Entertainment System」発表!今度の「レゴ マリオ」はテレビ内を冒険だ

    海外ファミコン「NES」とブラウン管テレビを再現した大人のレゴ「LEGO Nintendo Entertainment System」発表!今度の「レゴ マリオ」はテレビ内を冒険だ

  3. 空飛ぶソファーでくつろぐ新作シム『Flying Sofa Simulator』が8月にSteam配信!

    空飛ぶソファーでくつろぐ新作シム『Flying Sofa Simulator』が8月にSteam配信!

  4. 『熱血高校ドッジボール部』くにおくんソフビ7月15日より予約受付開始!初回限定でアニメ顔差し替えパーツ付属

  5. 海外Modderが『ゴールデンアイ 007』のマップをVRゲーム『Half-Life: Alyx』でリメイク!

  6. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  7. 『モンハン』映画延期に……海外2021年4月23日予定

  8. 映画「モンスターハンター」日本の公開も2021年に延期

  9. オンライン開催の「QuakeCon at home」内容公開―8月8日より映像配信等が24時間体制で実施

  10. インディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2020」開催か見送りかのアンケートがTwitterで実施中

アクセスランキングをもっと見る

page top