『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要

Gearbox Software開発のWW2戦術シューター『Brothers in Arms』シリーズ。GearboxのCEOであるRandy Pitchford氏は新作の開発に取り組んでいるとIGNのインタビューに答えています。

ニュース ゲーム業界
『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要
  • 『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要
  • 『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要
  • 『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要
  • 『Brothers in Arms』最新作は確実に開発中―パブリッシング面などでパートナーが必要

Gearbox Software開発のWW2戦術シューター『Brothers in Arms』シリーズ。GearboxのCEOであるRandy Pitchford氏は最新作の開発に確実に取り組んでいるとIGNのインタビューに答えています。

それによれば、開発には多大なリソースやエネルギー、そして資金を消費するため単独で行うには難しく、パブリッシングやクリエイティブ面でのパートナーを見つけたら話すことが出来るとのこと。

『Brothers in Arms』シリーズは、第二次世界大戦時の米陸軍101空挺師団F中隊第3分隊のマット・ベイカー軍曹を軸に、1944年のノルマンディー上陸作戦以降の戦いに身を投じる戦術シューター。分隊指揮による制圧射撃や連携プレイが特徴で、史実を基に戦闘や地形などが再現されています。

2005年に発売した『BiA: Road to hill 30』はノルマンディ上陸作戦が、『BiA: Earned in Blood』では上陸作戦の別視点が、『BiA: Hell's Highway』ではマーケット・ガーデン作戦が描かれていました。


2005年に発売した『Brothers In arms Road to hill 30』のトレイラー
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

    『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

  2. ゾンビサバイバル『DayZ』が400万本セールス達成―ベータ突入後にアクティブプレイヤー増加

    ゾンビサバイバル『DayZ』が400万本セールス達成―ベータ突入後にアクティブプレイヤー増加

  3. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

    PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  4. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

  5. 『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

  6. さぁ手軽に「もう1ターン」―『シヴィライゼーション VI』スイッチDL版が配信開始

  7. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  8. 『キングダムハーツIII』ソラたちが訪れる4ワールドの詳細情報―「100エーカーの森」に懐かしの「トワイライトタウン」など

  9. 『アサシン クリード』ワインコレクションが海外発表! 各主人公をイメージしたテイスト

  10. 噂:SIE、「E3 2019」は不参加―関連カンファレンスも予定なし

アクセスランキングをもっと見る

page top