『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台

家庭用ゲーム PS4

『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
  • 『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
  • 『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
  • 『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
  • 『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
  • 『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエスト新作発表会」にて、PS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の最新情報を公開しました。

『ドラゴンクエスト』シリーズの新機軸として発表された『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』。ジャンルは「ブロックメイクRPG」とされており、荒廃してしまったアレフガルドをブロックを用いてさまざまモノを作って復活させ、「竜王」を倒すことが目的です。

◆世界観

「アレフガルド」といえば、第1作『ドラゴンクエスト』の世界。本作の「アレフガルド」がなぜ荒廃してしまったのかが判明しました。

『ドラクエI』の有名なシーンとして「竜王」からの質問があります。

    *「もし わしの みかたになれば
      せかいの はんぶんを
      おまえに やろう。



『ドラクエI』ではこの質問に対し、勇者は「はい/いいえ」を選べます。ここで「はい」を選ぶとゲームオーバーになってしまうのは、ゲームファンには非常に有名なエピソードとして語り継がれています。本作はなんと、ここで勇者が「はい」を選んでしまったあとの世界が舞台。時は流れ、プレイヤーである1人の若者が荒廃した世界の復活と打倒「竜王」を目指します。

◆モノづくり

世界は「ブロック」でできており、土や葉っぱといった材料のブロックをサクサク収集して組み合わせ、新しい材料を生み出し、さまざまなモノを作っていきます。一からすべてを自分で作るだけでなく、壊れかけた城や町を修復するような遊び方も用意されています。基本的に世界は荒廃した『ドラクエI』の世界「アレフガルド」ですが、これらのモノづくりによって、自分だけの「アレフガルド」を復活させていくことになります。

町を作り込むと、新たに人が住み着くようになり発展していく要素もあります。町を作り上げ、発展させ、「竜王」を倒すための拠点としていきます。『ドラクエI』に登場したあの町や施設も、壊されているかもしれません。プレイヤーの手で世界の復活させましょう。



余談ですが、本来『ドラクエI』(をはじめとする『ドラクエ』シリーズ)では登れない「高い山」も本作では登ることができるそうです。山よりも大きなモノを作ることも可能なそうなので、どんなモノを作るからはプレイヤー次第です。

◆バトルはアクション

もちろん、『ドラクエ』の世界なのでモンスターとの戦闘も見逃せません。戦闘パートは、コマンド選択などではなく、アクションで行われます。モンスターの攻撃をかわし、攻撃を与えて倒しましょう。ブロックをうまく利用することで、敵の魔法(紹介映像では「メラ」の火の玉)をかわすこともできるようです。



また、武器も自分で作れるほか、『ドラクエ』シリーズとしてはあまり類を見ないトラップの設置も可能です。必要な材料を集めて、より強力な武器やトラップを使いこなし、モンスターとの戦いにも挑みましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ドラクエI』のフィールド曲「広野を行く」も流れる本作。『ドラクエI』プレイ経験者には懐かしくも新しいゲームタイトルとなりそうです。



『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』は、今冬発売予定で価格は未定です。

(C) 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 80 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  3. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  4. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  5. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  6. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  7. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  8. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  9. 『アサシンクリード オリジンズ』アップデート詳細海外発表―拡張「隠れし者」など

  10. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

アクセスランキングをもっと見る

page top