伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」

イタリアのインディースタジオInvader Gamesより、『バイオハザード2』リメイクプロジェクトの開発中止が発表されました。あわせて、同スタジオはカプコンによる公式リメイクプロジェクトに協力していくとも伝えられています。

ニュース 発表
伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」
  • 伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」
  • 伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」

イタリアのインディースタジオInvader Gamesより、『バイオハザード2』リメイクプロジェクトの開発中止が発表されました。あわせて、同スタジオはカプコンによる公式リメイクプロジェクトの開発会議に招待されたとも伝えています。

TPS風に丸ごとリメイクするファンメイド作品『Resident Evil 2 Reborn』を手がけていたInvader Gamesですが、公式Facebookによれば同プロジェクトは停止になるとのこと。加えて、『バイオハザード2』公式リメイクを発表したカプコンより、「更なるアイデアを議論する為の会議」に招待されたとも発表。Invader Gamesはこれについて悲観的な姿勢は取っておらず、「世界中のファンから認められて、カプコン自身にも注目されたことを幸せに思う」「これまでの作業は将来的なプロジェクトの為に有用なものになると、約束します。皆さんと私達自身の期待は裏切りません」とのコメントを伝えました。

Invader Gamesは今後「プロフェッショナルな大きなチャンス」に注力していく方針とのこと。彼らが熱意を向けた『Resident Evil 2 Reborn』と『バイオハザード』サーガへの情熱に、カプコンが関心を寄せたことについて、感謝の意を力強く表明しています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Tropico 6』開発・Kalypso Mediaへインタビュー!「どんな選択もバカバカしくて面白くなることを意識した」【TGS2019】

    『Tropico 6』開発・Kalypso Mediaへインタビュー!「どんな選択もバカバカしくて面白くなることを意識した」【TGS2019】

  2. 『The Elder Scrolls VI』『Starfield』今年のE3では情報無し―82歳の同作ファン“スカイリムグランマ”はNPC登場予定

    『The Elder Scrolls VI』『Starfield』今年のE3では情報無し―82歳の同作ファン“スカイリムグランマ”はNPC登場予定

  3. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

    『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

  6. 『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

  7. 終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

  8. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  9. 地獄の飲酒ADV『Afterparty』10月29日にリリース決定!会話と飲酒で地獄からの脱出を目指す

  10. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

アクセスランキングをもっと見る

page top