Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に

8月1日、Xbox OneやXbox Live、Microsoftアカウントなどの規約を統一した「Microsoft サービス規約」が発効されました。この新規約によってMicrosoftが、同社サービスにおける海賊ゲームやハードウェアを無効化できると海外メディアAlphrが報告しています。

PC Windows
Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に
  • Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に
8月1日、Xbox OneやXbox Live、Microsoftアカウントなどの規約を統一した「Microsoft サービス規約」が発効されました。この新規約によってMicrosoftが、同社サービスにおける海賊ゲームやハードウェアを無効化できると海外メディアAlphrが報告しています。

Alphrの報告で取り上げられているのは「Microsoft サービス規約」の7条b項。その内容は以下になります。
    7条b項 一部抜粋
    マイクロソフトは、お客様のソフトウェアのバージョンを自動的に確認し、ソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更をダウンロードすることがあります。ダウンロードされるソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更には、お客様による本サービスへのアクセス、海賊版ゲームの使用、または無許可のハードウェア周辺機器の使用を防止するものがあります。

この規約によって、Microsoftがユーザーのシステム環境をスキャンし、海賊版ゲームやハードウェアの使用を防ぐことを許可していることになるとのこと。規約の対象にWindows 10などのOSは含まれていませんが、CortanaやXbox Live及びXbox機器、Microsoftが開発したゲーム、SkypeやOfficeなどが対象となっています。

長年PCゲームにおいて海賊版ゲームが大きな課題になっており、Alphrでは、同様の問題がAndroidや「Jailbreak」されたiOSにも広がりつつあると説明。新しいサービス規約に基づいてWindows 10 Mobileなどでは海賊版ソフトに対抗でき、不正使用を恐れるインディー開発者に魅力的な環境を提供できると伝えています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』人気の影響で「名前が似てる別のVRゲーム」へのストアページアクセスが4,000%超え

    『Apex Legends』人気の影響で「名前が似てる別のVRゲーム」へのストアページアクセスが4,000%超え

  2. Epic Gamesストアにオフラインモード登場!ネットに接続していないときでも機能が利用可能に

    Epic Gamesストアにオフラインモード登場!ネットに接続していないときでも機能が利用可能に

  3. Steam版『ミリオンアーサー アルカナブラッド』今夏発売!ティーザー映像公開

    Steam版『ミリオンアーサー アルカナブラッド』今夏発売!ティーザー映像公開

  4. 【吉田輝和の絵日記】日本風SRPG『Wargroove』クリエイト・対戦・詰将棋…多彩なゲームモードに時間忘れる

  5. 人気TCGの基本無料デジタル版『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』に日本語実装!チュートリアルも完備

  6. 蘇るあの頃のカオス感! 90年代インターネットシム『Hypnospace Outlaw』配信日決定

  7. 発売前にまるごとおさらい!『Anthem』体験版プレイレポート―各クラスの基本動作も動画で紹介

  8. タイピング弾幕アクション『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』発売!―体験版も配信中

  9. 世界の暴動描くストラテジー『RIOT: Civil Unrest』正式リリース!日本語にも対応

  10. リアルな第一次世界大戦FPS『Tannenberg』Steamにて正式リリース開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top