『Trine 3』ユーザーレビューに開発元が返答―批判を「正当なもの」と受け入れ謝罪 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Trine 3』ユーザーレビューに開発元が返答―批判を「正当なもの」と受け入れ謝罪

FrozenbyteバイスプレジデントJoel Kinnunen氏より、新作ファンタジーアクション『Trine 3: The Artifacts of Power』に寄せられたユーザーからのコメントへの返答や、今後の開発プランが伝えられています。

PC Windows
『Trine 3』ユーザーレビューに開発元が返答―批判を「正当なもの」と受け入れ謝罪
  • 『Trine 3』ユーザーレビューに開発元が返答―批判を「正当なもの」と受け入れ謝罪
  • 『Trine 3』ユーザーレビューに開発元が返答―批判を「正当なもの」と受け入れ謝罪

FrozenbyteバイスプレジデントJoel Kinnunen氏より、新作ファンタジーアクション『Trine 3: The Artifacts of Power』に寄せられたユーザーからのコメントへの返答や、今後の開発プランが伝えられています。

4ヶ月の早期アクセス期間から卒業し、先日よりSteamで正式リリースとなったシリーズ最新作『Trine 3』。海外メディアPC Gamerが伝えるところによれば、本作のSteamレビュー評価は「ほぼ好評(Mostly Positive)」であるものの、一定数のユーザーから「あまりにもゲーム内容が少な過ぎる」とのレビューが与えられていたとのこと。Kinnunen氏はこれを受けて、『Trine 3』は開発チームにとって満足の行く作品であると主張しつつも、“クリフハンガー”的な物語やゲームの短さについては「正当な批判」だと認識しており、失望したユーザーに向けて謝罪の意を表明しています。

更にKinnunen氏は本作の開発コストは『Trine 2』の3倍以上(約540万ドル)に届くと述べており、企画当初のスケールで開発した場合には恐らく1500万ドル以上が必要になっただろうとコメント。ユーザーから指摘された『Trine 3』のゲームボリュームについては、限られた予算の中で実現されたものと語っています。

続けて同氏は、今後のダウンロードコンテンツ展開は「予定していない」とも明かします。ストーリーの継続については別の問題であると見ており、早期アクセス開始から予定していたすべてのコンテンツをリリースし切っていると説明しています。なお、今後は主にバグ修正やアップデートを施していく方針であり、来週より本格的な活動を開始するとのことです。
《subimago》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

    【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  2. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

    『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

  3. Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

    Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

  4. PC版『アサシン クリードIII リマスター』要求スペック公開!4K向けの推奨スペックも

  5. 宇宙ステーションADV『Tacoma』期間限定で無料配布中―ストーリーが魅力の高評価タイトル

  6. 青春ホラーADV『Oxenfree』Epic Gamesストアで期間限定無料配布中―次回配布は『The Witness』

  7. 中国学生生活ゲーム『中国式家長 / Chinese Parents』日本語版の制作が決定

  8. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  9. 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台

  10. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

アクセスランキングをもっと見る

1
page top