『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は惜敗するもペンタキル達成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は惜敗するもペンタキル達成

Riot Gamesが主催する『League of Legends』国際大会「International Wildcard Tournament(IWC)」のDay2が終了し、世界大会出場を争うファイナリストが決定しました。

ゲーム文化 カルチャー
『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は惜敗するもペンタキル達成
  • 『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は惜敗するもペンタキル達成
  • 『LoL』国際大会「IWCI」ファイナリスト決定、日本代表は惜敗するもペンタキル達成

Riot Gamesが主催する『League of Legends』国際大会「International Wildcard Tournament(IWC)」のDay2が終了し、世界大会出場を争うファイナリストが決定しました。

26日よりトルコでスタートした「IWC」。日本からは「DetonatioN FocusMe(DFM)」が出場し、オセアニアや東南アジア、トルコの代表チームと激しい戦いを繰り広げていました。Day1でDFMは開催国トルコのホームチーム「Dark Passage(DP)」を相手に敗北を喫していましたが、続く第2試合で「The Chiefs eSports Club(Chiefs)」に快勝。第3試合での「Bangkok Titans(BKT)」戦でも見事勝利を収めていました。


Day1終了時にはChiefsと並ぶ1位タイとなっていたDFMですが、Day2でのトルコ戦ではなんとMidレーナーCeros選手が「PENTA KILL」を達成。Day1での“Zilean”に引き続き、“Gangplank”というニューメタを意識したPickで大きな活躍を見せました。しかし試合後半にはオフェンスに欠けた動きが目立ち、トルコ代表チームにBaron有利からの逆転勝利を許します。

そして続くChiefs戦、BKT戦でも無念の黒星。DFMは全6戦のうち2勝4敗という結果に終わりました。総合4位という成績を残したものの、「IWCI」で惜敗していたDFMにとっては大きな進歩と言えるでしょう。また、「PENTA KILL」で会場を沸かせたCeros選手は海外勢からもマークされるほどとなり、Pick&Banのフェーズから強く警戒されていました。更に、公式Webサイトから確認できる「Top Kill Participation(Kill参加率)」ではADC・Rokenia選手とTopレーナー・Yutapon選手が首位に並んでおり、続く3位にもSupportのKazuXD選手が登場しています。


波乱のラウンドロビンの中でファイナリストとして勝ち残ったのは、東南アジア代表BKTとオセアニア代表Chiefs。世界大会「2015 Season World Championship」出場権を巡る最終決戦は、8月29日午後8時から火蓋が切って落とされます。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Twitch、春麗コスプレの女性配信者を3日間アカウント停止―コミュニティガイドラインに抵触したとして

    Twitch、春麗コスプレの女性配信者を3日間アカウント停止―コミュニティガイドラインに抵触したとして

  2. 2D+3Dの美麗な画が特徴のRPG『Witch』登場、「魔女」たちが繰り広げる叛逆の物語【TGS2019】

    2D+3Dの美麗な画が特徴のRPG『Witch』登場、「魔女」たちが繰り広げる叛逆の物語【TGS2019】

  3. カニ漁シム『Deadliest Catch: The Game』Kickstarter開始!「ベーリング海の一攫千金」のゲーム版

    カニ漁シム『Deadliest Catch: The Game』Kickstarter開始!「ベーリング海の一攫千金」のゲーム版

  4. プロゲーマー「ももち」、日本のe-Sportsプロライセンス発行について声明

  5. 巨大メカ操縦アドベンチャー『Nauticrawl』配信開始! 外が見えないコックピットだけで展開

  6. 浅野忠信や真田広之も出演する実写映画版『モータルコンバット』撮影開始!

  7. 『トロピコ 6』破天荒なプレジデンテにエレコミ今立のツッコミが止まらない!TGSスクエニステージレポ【TGS2019】

  8. 美麗ハクスラアクション新作『Blasphemous』配信開始! 強烈な世界観を見せるローンチトレイラーも披露

  9. 2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

  10. 流れ着いた島から脱出するために船を作りだせ!『Stranded Sails』プレイレポ【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top