【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク!

連載・特集 特集

【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク!
  • 【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク!
  • 【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク!
  • 【TGS 15】“本物の弓”を使ったARシューティング『Shadow Shooter』がユニーク!
幕張メッセせ開催中の東京ゲームショウのインディーゲームコーナーには、世界各国から集まった奇抜な作品が集まっていましたが、今回はその中でも特にアイデアの光っていたシューティングゲームを紹介します。



その名も『Shadow Shooter』。弓型……というか、そのまんま弓のコントローラーに取り付けられたプロジェクターで映しだされた映像の中に出てくる敵を、実際に弓を引いて射るという新感覚のシューティングゲーム。


今回は明るいところでのデモンストレーションでしたが、本来は真っ暗な部屋で遊び、矢を射ることで明るくなり周囲が見えるようになるという仕組みで、矢で生まれた僅かな明かりを頼りに周囲に潜む敵と戦うというゲーム。この辺はちょっとホラーっぽさもありますね。

弓を360度どの方向に動かしても、弓の先にゲームの中の景色が映るようになっており、ヘッドマウントディスプレイを使ったVRとはまた少し違った没入感が味わえるのが面白いポイント。



また、弓にはセンサーもついており、どれくらい引いたかによって飛距離や速度が変わる他、弓を横に向けると特殊矢を放つことができるなどの要素もありました。



開発者の安本匡佑さんにお話によると、弓はアーチェリーに使う本物。ただ一番お金がかかっているのは、各種センサー類なんだとか。これはぜひ暗いところで遊んでみたい作品でした。ちなみに、現在製品化の方法を模索中とのことなので、これからに期待しておきましょう。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top