SF深海ホラー『SOMA』は発売から10日で92,000本販売―売り上げは今後2年分の経費を賄える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SF深海ホラー『SOMA』は発売から10日で92,000本販売―売り上げは今後2年分の経費を賄える

9月22日にPC/Mac/Linux/PS4で発売され、高い評価を得たSci-Fi深海ホラー『SOMA』ですが、デベロッパーのFrictional Gamesは同社ブログにて、本作の売上状況などを報告しました。

ニュース ゲーム業界
SF深海ホラー『SOMA』は発売から10日で92,000本販売―売り上げは今後2年分の経費を賄える
  • SF深海ホラー『SOMA』は発売から10日で92,000本販売―売り上げは今後2年分の経費を賄える

9月22日にPC/Mac/Linux/PS4で発売され、高い評価を得たSci-Fi深海ホラー『SOMA』ですが、デベロッパーのFrictional Gamesは同社ブログにて、本作の売上状況を報告しました。

法律上の理由からプラットフォーム別の内訳を明かせないとのことですが、Frictional Gamesは発売から10日間(予約含む)で約92,000本を販売。この売り上げは会社の今後2年分の経費を賄えるそうです。現時点で1日当たりの販売本数は約2,000本。今後この数はゆるやかに落ちていくとされており、Frictional Gamesはどれだけ早く落ち、どこで安定するかに関心があると伝えています。

ちなみにFrictional Gamesが過去にリリースした作品においては、『Amnesia: The Dark Descent』は初週20,000本(初月は30,000本)、『Amnesia: A Machine For Pigs』は初週120,000本の販売本数を記録しています。『SOMA』は今から1ヶ月後に100,000本到達を目標にしており、現在のペースを維持すれば余裕を持って達成できるだろうとのこと。しかしながら、開発コストを回収するためにはその3倍の数を販売する必要があるとのことです。

『SOMA』は100%自己資金で開発されているため、売り上げはすべてFrictional Gamesに入り、直接今後のプロジェクトの資金となります。それ故に、活動が十分に続けられる限りは(今がその状態)、すぐに回収しなければならないというプレッシャーはないと述べています。なお、ブログではその他にも本作の評価やマーケティングなどについても触れられているので、興味がある方は一読してみるとよいでしょう。

『SOMA』はSteamGOG、PSNにて2,980円/29.99ドルで配信中。公式YouTubeチャンネルでは前日譚を描く実写映像シリーズ「Transmission」が順次公開中です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら

    【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  2. Daybreak Gamesが3つの新たなスタジオを設立―『Planetside3』のタイトルにも言及

    Daybreak Gamesが3つの新たなスタジオを設立―『Planetside3』のタイトルにも言及

  3. 『モータルコンバット』初期3作のリマスター版がPC/コンソール向けに登場か―欧州レーティング機関に登録

    『モータルコンバット』初期3作のリマスター版がPC/コンソール向けに登場か―欧州レーティング機関に登録

  4. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  5. Steamの旧正月セールが現地時間1月23日より開催か―Valveが開発者向けに告知

  6. 『スプリンターセル』の元クリエイティブディレクターがUbisoftに帰還

  7. ゾンビ×パルクールACT新作『Dying Light 2』の発売が延期―「ビジョンの実現にさらなる開発時間が必要」

  8. 『聖剣伝説 3 トライアルズ オブ マナ』2020年4月24日発売決定!クラス2のビジュアルやフィギュア等が付属する豪華ボックスの内容も明らかに

  9. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top