NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い

ニューヨークで開催されていたNYコミコンにて、バンナムの最新RPGを紹介するパネルイベント「Quest Complete! Bandai Namco Entertainment RPG Panel」が行われました。

家庭用ゲーム PS4
NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い
  • NYコミコン「バンナムJRPG」パネルレポープロデューサ―が語るJRPGと海外RPGの違い

10月11日、ニューヨークで開催されていたNYコミコンにて、バンナムの最新RPGを紹介するパネルイベント「Quest Complete! Bandai Namco Entertainment RPG Panel」が行われました。

パネリストには、ゲーム版『ソードアート・オンライン』シリーズのプロデューサーを務める二見鷹介氏、PS4/Vita『デジモンストーリー サイバースルゥース』のプロデューサー羽生和正氏、Bandai Namco Entertainment AmericaからはDenis Lee氏らが登壇。司会はBNEAのNick O’Leary氏が務めました。


まずは、間もなく北米で発売となる『テイルズ オブ ゼスティリア』の紹介から。シリーズ初となるSteam版が用意されている今作の予約特典には、ゲーム内アイテムやコスチュームのほかに、Steam版限定で『テイルズ オブ シンフォニア』が特典となっていることを改めて告知。PS3/PS4/SteamともにDLCエピソードは無料で提供されるとのこと。

続いて、PS4/Vita『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』の北米展開について。こちらは、日本より2日早い11月17日に北米でリリースとなり、『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』が無料で提供されるのも日本と同じ。『ソードアート・オンライン』は、米国の動画配信サービスなどで視聴できることもあってか知名度はかなり高く、発表には常に観客席から歓声が沸いていたのが印象的でした。


最終的に3社以上のクロスオーバーが実現した3DS用タイトル『PROJECT X ZONE 2』の紹介では、『テイルズ オブ ヴェスペリア』からエステル、『Street Fighter Alpha 3 Max』からイングリッド、『シェンムー』から芭月涼の参戦が、米国では初めてアナウンスされました。

日本ではPS Vitaにて発売中の『デジモンストーリー サイバースルゥース』は、北米では2016年2月2日にPS4/Vitaでリリースされることが発表されました。予約特典として、スペシャルカラーやスペシャルコスチュームのデジモンが手に入るとのこと。


イベント後半には二見氏と羽生氏へのQ&Aが行われ、JRPGと欧米のRPGの違いについて質問が挙がりました。二見氏は、日本のRPGは特定のキャラクターでプレイすることがほとんどで、自分自身をゲーム内でカスタマイズしていくものは少ないと述べました。加えて、可愛い女の子が多いことが特徴であるとも。羽生氏は、自由な選択ができる欧米のRPGと違って、日本のRPGは制約が多い昔ながらのターンベースやレベル性の育成要素のものが多いと語りました。理由としては、日本のユーザーの多くが同じ結果を求める趣向性があるためではないかと説明しました。

仮想世界が舞台となっている『SAO』シリーズについて。PlayStation VRやOculus RiftといったVRヘッドセットを用いた展開を考えているのかと質問されると、二見氏は「もちろん!」と力強く答えました。作品の世界観からも、当然VRとは向き合っていかないといけない要素であるとし、よりアニメの世界にいるような体験が実現できるようにしたいとのことです。しかし、アニメの『SAO』の世界は2022年であるため、実現には後7年待ってくださいと冗談交じりに語り、会場の笑いを誘いました。

米国でも多くの支持を得ているJRPGというジャンル。NYコミコンに集まったファンたちは、他の海外製RPGとはまた異なる進化やアプローチをJRPGに強く期待しているようでした。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 29 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

    【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  2. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  3. 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

    開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

  4. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  5. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  6. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  7. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  8. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

  9. 『どうぶつの森』スイッチ向け新作を発表!2019年発売予定

  10. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

アクセスランキングをもっと見る

page top